体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国で始まった豪快すぎる「大気汚染対策」

中国で始まった豪快すぎる「大気汚染対策」

深刻化する中国のPM2.5。

これは午前中でも夕方かと思わせるようなオレンジ色の空が広がる、大気汚染の一因となる。

自転車に空気清浄機をつける構想も発表されている。が、小さなアクションでは解決できないと言わんばかりのプロジェクトが西安で始まった。

これ、とても豪快だ。

PM2.5の数値を
12%も下げる空気清浄機

中国で始まった豪快すぎる「大気汚染対策」

ご存知の通りPM2.5は、脳卒中や心臓疾患、肺がんの原因にもなりうる。そこで、David Y. H. Pui教授率いるチームが開発したのが巨大空気清浄機だ。高さは60mもある。

頭に思い浮かぶのは、花粉よりも小さいと言われているPM2.5を、こんなに大きな装置で大気中から取り除くことが可能なのか?という疑問。

Pui教授によれば、設置されている周辺地域はそうでない場所に比べ、PM2.5の数値が12%も低いらしい。

社会問題に対するスタンスは、その国や地域の色が出やすい。

汚染物質をなるべく減らす地道なタイプもあれば、環境を汚さない代替エネルギーを開発するイノベーティブな方法もある。中国の対策には「豪快さ」を感じ取れる。

Pui教授の計画はまだ終わりではない。現在は、長期的なインパクトも測定中とのこと。さらに、高さ500mの空気清浄機を作る予定もある。Licensed material used with permission by David Y.H. Pui

関連記事リンク(外部サイト)

1日45本の喫煙に匹敵する、殺人的なインドの大気汚染。
空気が汚くなればなるほど、街中に「恐怖のメッセージ」が浮かび上がる。
【衝撃】目を疑いたくなる26枚の写真、中国で起きている環境汚染の現実

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。