体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『関ジャム完全燃SHOW』知られざるバイオリンの世界、“プロも恐れる超難曲”はTVでもおなじみのアノ名曲

『関ジャム完全燃SHOW』知られざるバイオリンの世界、“プロも恐れる超難曲”はTVでもおなじみのアノ名曲

 関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』が4月8日に放送。ゲストにNAOTO、宮本笑里、金原千恵子、石川綾子が出演した。

 クラシックからJ-POPまでジャンルの枠を越えて活躍を続けるNAOTO、多くの大物アーティストとの共演で知られる金原千恵子、大河ドラマを筆頭に多数の映画・TVのテーマ音楽を担当してきた宮本笑里、そして、海外では「デビルズアヤコ」と称され賞賛を浴びる超実力派・石川綾子、日本を代表するトップ・バイオリニスト4人をスタジオに迎え、バイオリンの魅力にたっぷりと迫る1時間。スタジオでは、“金髪のバイオリニスト”NAOTOを中心に、バイオリンの基本となる音の出し方や表現手法、クラシックとJ-POPでの演奏法の違いなど、実演を交えながら丁寧に解説。敷居が高く“とっつきにく楽器”というイメージのあるバイオリンの魅力に迫るなかで、いくつか興味深いエピソードも飛び出した。「演奏時はなるべく薄着で」と語ったのは、バイオリニストとしての実力はもちろん、キュートなルックスでTVやCMへの出演経験もある宮本笑里。バイオリンの華やかで繊細な音色は、演奏者の衣装によっても変化してしまうそうで、宮本はベルベットなど厚手で音を吸収する素材は極力避け、基本的には薄着、足元も素足であることが多いそう。また、多くの大物アーティストとの共演経験を持つ金原からは、彼らとの共演にまつわるエピソードも。桑田佳祐との共演の際には「ROCK AND ROLL HERO」=ロックスター、「大河の一滴」=胸の中に熱い炎はあるが、やさぐれた男性、などと楽曲ごとに役柄を与えられているイメージで演奏をおこなっているといい、一方、小田和正との共演では、そのハイトーン・ボイス同様、歌うように感情の起伏を表現しているとのこと。

 さらに、スタジオでは「プロにとっても演奏が難しい曲ってあるの?」という素朴なギモンも。これに対しては、“プロも恐れる超難曲”として、CMやTVドラマなどでおなじみのニコロ・パガニーニ「24の奇想曲」を紹介。「悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れた」といわれるほどの超絶テクを持っていたとされるパガニーニの名曲については、NAOTOですら「これを完璧に弾けと言われたら、半年仕事を休んで準備するレベル」だそう。また、過去に同曲の演奏経験がある石川綾子も、2か月間家に缶詰となり「指の皮が剥け、血豆ができるほどの猛練習」をしたことを明かした。

 そして、この日のジャムセッションは、ゲスト4人によるバイオリン・カルテットとボーカル&ギター錦戸・安田、ドラム大倉による豪華ストリングス編成で、小田和正の名曲「キラキラ」を披露。NAOTOによるオリジナル・アレンジによって名曲がより華やかに彩られ、バイオリンならではの音色の魅力を存分に堪能できるセッションとなった。

 次回の『関ジャム完全燃SHOW』は4月15日放送、ゲストに岡崎体育と映像ディレクターの児玉裕一、関和亮を迎え、ミュージックビデオを特集する。

◎番組情報
テレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:10~
※一部地域を除く

関連記事リンク(外部サイト)

大木伸夫とNAOTOによるロックと弦楽四重奏の華麗なる融合。ROCKIN’QUARTET東京公演をレポート
特集:宮本笑里~彼女だからこそ生み出すことができた音楽とは?
羽生結弦/宇野昌磨/本田真凛らフィギュアスケート選手を応援! ヴァイオリニスト石川綾子の新AL

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。