体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Da-iCE、5月30日発売のNewシングル『FAKESHOW』収録内容発表 特典映像にはプレミアライブを完全ノーカット収録

Da-iCE、5月30日発売のNewシングル『FAKESHOW』収録内容発表 特典映像にはプレミアライブを完全ノーカット収録

 Da-iCE(ダイス)が、5月30日にデビュー5周年イヤー第2弾シングル『FAKESHOW』の収録内容をオフィシャルサイトにて公開した。

 2018年1月に華やかなファンキーポップチューン「TOKYO MERRY GO ROUND」で幕を開けたDa-iCEのデビュー5周年イヤーだが、早くも第2弾シングルが発売される。本作『FAKESHOW』は、前作とは打って変わって、目まぐるしくスリリングに楽曲が展開していく“ダーク&シリアスチューン”。一度聴いたら離れない、繰り返されるフレーズが印象的な1曲だ。

 本楽曲は、4月7日よりTBSラジオにてスタートした、Da-iCEリーダー工藤大輝のレギュラーラジオ番組『TALK ABOUT』の記念すべき第一回目の放送で初めてオンエアされたが、これまでとは違うDa-iCEの新しい一面が押し出された新曲に、SNSでは既に「カッコ良すぎる!」「早くフルが聴きたい」「パフォーマンスまで待てない!」と大反響。カップリングには、2018年発売のPlayStation(R)4専用ソフト『ブラッククローバー カルテットナイツ』のテーマソングである「Limits」が収録される。

 また、「FAKESHOW」「Limits」の2曲に加え、通常盤には2015年11月に発売された7th single楽曲「HELLO」をパフォーマー含めた5人歌唱のボサノバアレンジバージョンを収録。シングルバージョンとは一味違い、休日の昼下がりに聴きたくなるようなオシャレなサウンドの上で、コーラス含めて5人が柔らかく歌い上げて織りなす大人な楽曲に生まれ変わっている。

 さらに、初回限定盤Aの特典DVDには、「FAKESHOW」のミュージックビデオと共に撮影のオフショットメイキングを、そして初回限定盤Bの特典DVDには、2017年大晦日から2018年元旦にかけて東京体育館で行われ、チケットが超入手困難となったプレミアムライブイベント【AAA NEW YEAR PARTY 2018】のDa-iCEが出演・パフォーマンスした全10曲のライブ映像が、完全ノーカットで収録される。

◎メンバーコメント全文
<工藤大輝>
今までにないクールなダンスチューン。
歌詞の内容も相まってグッと大人っぽくなっていて、今後のキーになりそうな曲が出来ました。
<岩岡徹>
第1弾とは打って変わって攻撃的なシングルとなりました。鋭利的でドキドキするようなこの曲の世界感を内面から
絞り出すように魅せられたらと思います。様々な”FAKE”を探してみて下さい。
<大野雄大>
今までのDa-iCEとは一風変わってスマートかつエキゾチックで、不思議な感覚になる楽曲だと思います。
サビはとにかく、一度聴いたら耳から離れないと思います!!
そのまま離さないで下さい!!宜しくお願い致します!!!
<花村想太>
ミステリアスでシリアスな今までみせたこたのないDa-iCEをみせられる楽曲。
タイトル通りたくさんの仕掛けが考えられる観て楽しい、聴いて楽しい楽曲です。
曲後半のフェイクは過去最高に白熱して歌いました。
<和田颯>
「FAKESHOW」また新しいDa-iCEを魅せられるんじゃないかなと思います。最高にカッコいいです。皆さんとまた一
緒にこの曲を育てていけたら嬉しいです。よろしくお願いします。あー、早くライブで披露したいよー!!

◎リリース情報
New Single『FAKESHOW』
2018/5/30 RELEASE
<通常盤>CD Only
UMCK-5654 1,200円(tax in.)
<初回限定盤A> CD+DVD
UMCK-9947 1,800円(tax in.)
<初回限定盤B>CD+LIVE DVD
UMCK-9948 1,800円(tax in.)
<mu-moショップ限定盤>CD Only
PROS-5018 1,500円(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

Da-iCE花村想太のイベントに西田ひかる登場! MBSラジオのレギュラー新番組収録
AAA 2018年カウントダウンが映像作品化! Da-iCEとのコラボ&ドキュメント映像も収録
Da-iCEカフェが3500人の動員を記録! 営業時間延長など大盛況で閉幕

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。