体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミュージカル『ノートルダムの鐘』横浜公演が開幕

ミュージカル『ノートルダムの鐘』横浜公演が開幕

 劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』横浜公演が、4月8日よりKAAT神奈川芸術劇場にて開幕した。

 『ノートルダムの鐘』は、世界的文豪ヴィクトル・ユゴーの代表作「Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)」に発想を得た作品。15世紀末のパリを舞台に、ノートルダム大聖堂の鐘楼に住むカジモド、大聖堂大助祭フロロー、同警備隊長フィーバス、そして3人が愛してしまうジプシーの娘エスメラルダが綾なす愛の物語だ。ディズニー・シアトリカル・プロダクションズが製作した今回の演出版では、ユゴーの原作のアプローチを最重視し、人間誰しもが抱える明と暗の様相を繊細に表現。まさに、ディズニーのもう一つの顔を垣間見ることができる“大人のための演劇作品“といえるだろう。

 カジモド役を務める田中彰孝(たなかあきたか)は、「人間の宿命とは何か、人として生きるとはどういうことなのかという普遍的なメッセージをお客様の心にしっかりとお届けできるよう、一回一回の公演を精一杯努めたい」とコメント。公演は、8月28日までの期間限定公演で、9月22日からは名古屋四季劇場での上演が決定している。

◎公演情報
【劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』】
2018年4月8日(日)~8月28日(火)
KAAT神奈川芸術劇場
S席11,880円 A席8,640円 サイドA席8,640円 B席6,480円 サイドB席6,480円 C席3,240円 サイドC席3,240円 サイドイス付立見席3,240円

関連記事リンク(外部サイト)

プリンシパル平野亮一が堂々の主役!『アリス』チームが創り上げるシェイクスピア・バレエ『冬物語』
古代エジプトの悲恋を描く、豪華絢爛な歴史スペクタクル『アイーダ』圧巻の舞台
ロッカペラ、大阪公演のライブレポートが到着“まさにこれぞエンターテインメント”

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy