体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【深ヨミ】BiSH『PAiNT it BLACK』ブレイク前夜!歴代シングルセールスを振り返る

【深ヨミ】BiSH『PAiNT it BLACK』ブレイク前夜!歴代シングルセールスを振り返る

 2018年4月9日付Billboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”で、BiSH『PAiNT it BLACK』が47,069枚を売り上げ首位を獲得した。

 “楽器を持たないパンクバンド”という唯一無二の肩書きを持つBiSH。【TOKYO IDOL FESTIVAL 2016】では同じ曲を6回連続で披露したり、リリース前のアルバムを2日間限定299円で販売するなど、前代未聞のプロモーションが話題となる中、メンバー6人の個性的なキャラクターや、熱いライブパフォーマンスに注目が集まり、2017年12月には『ミュージックステーション』への初出演も果たした。

 今回はSoundScanJapanより、そんなBiSHの歴代シングル4枚の初週売上枚数を抽出。“Top Singles Sales”で初の首位獲得に至るまでを振り返ってみようと思う。なお、()内は前作比を表している。

1st『OTNK』
2015/9/2 RELEASE
10,296枚

2nd『DEADMAN』
2016/5/4 RELEASE
20,858枚(10,562枚↑)

3rd『プロミスザスター』
2017/3/22 RELEASE
29,725枚(8,867枚↑)

4th『PAiNT it BLACK』
2018/3/28
47,061枚(17,336枚↑)

 1stシングルからきれいな右肩上がりとなっているが、特に前シングル『プロミスザスター』から今作『PAiNT it BLACK』の差は17,336枚と、大きく売上を伸ばしたことがわかる。前述の『Mステ』出演や、MY FIRST STORY、04 Limited Sazabysといったロックバンドのツアーに参加したこと、また学園祭ライブに多数出演していたことなどから、コアなファン層以外の興味を引いたことが考えられる。

 5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでのワンマンライブ【BiSH “TO THE END”】を開催、そして6月20日には、早くも次のシングル『Life is beautiful/HiDE the BLUE』の発売が決定しており、ますます勢いを増すであろうBiSH。CDセールスだけではない、本格的なブレイクの日も近いだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー
BiSH、6月20日に自身初となる両A面シングルの発売が決定 収録曲「HiDE the BLUE」のMVも公開
【ビルボード】BiSH『PAiNT it BLACK』が47,069枚を売り上げシングル・セールス首位獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。