体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Chart insight of insight】 サカナクションの計算された戦略?!ベスト盤と過去曲がチャートイン

【Chart insight of insight】  サカナクションの計算された戦略?!ベスト盤と過去曲がチャートイン

 今週のHot Albumsは、予想通りサカナクションの10周年記念ベスト・アルバム『魚図鑑』が圧倒的な強さで初登場1位となった(【表1】)。1週間でフィジカルの累計が7万4千枚近くを売り上げただけでなく、ダウンロードでも2位を記録。そして、ルックアップ(CDのPC読み取り数)でも、レンタル解禁前だというのに5位まで上昇した。2位のEXILE THE SECONDとの差も大きく、サカナクションの勢いがうかがえる。

 しかも、このベスト盤は数種類のパッケージがあり、いずれも期間限定ということなので、短期で一気にフィジカルを売るという作戦も功を奏したと思える。ただ、だからといって一瞬で終わるかというと、おそらくそうではないだろう。フィジカルでは売り切ったとしても、デジタルでの配信は続くだろうし、4/14からレンタル解禁されるということなので、おそらくさらにルックアップは上昇しそうだ。

 彼らの底力を感じるには、Hot100にも注目しておきたい。なんと今週10位には「新宝島」がチャートインしているのだ(【表2】)。この曲はアルバムの冒頭を飾っており、彼らの代表曲であるとはいえ、2015年にリリースされた楽曲があらためてベスト10に入るというのは快挙といえる。このチャートインの背景には、映画『バクマン。』の主題歌として起用されたこと、インパクトの強い昭和風のミュージックビデオが話題になったことなどがあり、様々な要素がカウンターパンチのように効いた結果と言える。

 そう考えると、サカナクションはこの10年の間、確固たる音楽性の構築だけでなく、巧妙に話題作りを心がけてきた。『魚図鑑』は単なるヒット曲の寄せ集めではなく、音楽シーンへの意識的なアクションの成果と集大成なのである。Text:栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

「Lemon」こそ完璧な売れ方?! 米津玄師の勢いが止まらない【Chart insight of insight】
ガールズグループはどれも売れ方が違う?! AKB48とPerfumeを比較【Chart insight of insight】
時代によって聴き方が変わる?! レミオロメン「3月9日」のチャートアクション【Chart insight of insight】

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy