体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が勢い止まらず7週目の首位に、星野源「ドラえもん」が再浮上

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が勢い止まらず7週目の首位に、星野源「ドラえもん」が再浮上

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週も米津玄師「Lemon」が首位となり、これで7週連続同チャート1位となった。それぞれポイントは前週より落ち着いたものの、動画再生数、ダウンロード数はともに首位。2位とのポイント差も大きく開いているので、来週も首位を獲得する可能性が高そうだ。その他、今週は「灰色と青(+ 菅田将暉)」が8位、「アイネクライネ」が10位と米津玄師作品がトップ10内に3曲チャートイン。「Lemon」のヒットによって、動画やダウンロードなどデジタルを中心に過去曲が掘り起こされているようだ。

 続く2位は星野源「ドラえもん」が再浮上。動画再生数の順位は、3月12日付をピークに下降しているが、ダウンロードは安定して高いダウンロード数をキープしている。そして3位は、44位から大きくジャンプアップとなったSHINeeの「From Now On」。ダウンロードが解禁されダウンロード順が初登場6位。Twitterは2月26日に初登場して以来、7週連続トップ10圏内となっている。

 そのほか、四葉環(KENN)「Four Leaf Ring」、XX:me「トリカゴ」、高木さん(高橋李依)「気まぐれロマンティック」とアニメ関連曲がトップ10に3曲チャートイン。いずれも、ダウンロード順でトップ10以内を獲得している。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2018年4月9日付)
1位「Lemon」米津玄師
2位「ドラえもん」星野源
3位「From Now On」SHINee
4位「さよならエレジー」菅田将暉
5位「Four Leaf Ring」四葉環(KENN)
6位「トリカゴ」XX:me
7位「気まぐれロマンティック」高木さん(高橋李依)
8位「灰色と青(+ 菅田将暉)」米津玄師
9位「Change」ONE OK ROCK
10位「アイネクライネ」米津玄師

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】米津玄師「Lemon」がダウンロード7度目の首位、ストリーミングはケツメイシ「さくら」浮上
【ビルボード】星野源「ドラえもん」、アニメ・チャート5週目の首位をマーク BiSH「PAiNT it BLACK」初登場2位
【ビルボード】米津玄師「Lemon」3冠で2週連続の総合首位 サカナクション「新宝島」は総合10位にジャンプ・アップ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。