体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木村拓哉×二宮和也出演『検察側の罪人』ポスタービジュアル&特報映像解禁

木村拓哉×二宮和也出演『検察側の罪人』ポスタービジュアル&特報映像解禁

 木村拓哉と二宮和也の初共演が話題となっている映画『検察側の罪人』のポスタービジュアルと特報映像が完成した(https://youtu.be/4apNRNDHUlk)。

 4月13日から劇場に掲出されるこのポスターは、「一線を、越える。」というコピーと共に、今回初共演となる木村拓哉・二宮和也という奇跡の2ショットを、日本写真界の鬼才・荒木経惟が撮り下ろした“渾身のポスター”だ。

 さらに、初解禁となる特報映像は木村拓哉・二宮和也の演技の真剣勝負。音楽はほぼ皆無。台詞とその芝居のみで鬼気迫るぶつかり合いが描かれています。30秒という短い時間ながら、それぞれの人物像、そして対立していく様を見事に切り取った、緊張感がみなぎる衝撃の映像となっている。

 原作は「犯人に告ぐ」の雫井脩介が発表した2013年の同名小説。時効、冤罪、そして司法制度への考察とともに「正義とは何か?」という深遠なるテーマをも描き出し、雫井ミステリーの最高傑作と評価が高い作品。エリート検事・最上役には木村拓哉、そして若き検事・沖野役には、二宮和也。他にも、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂に吉高由里子、闇社会のブローカー・諏訪部に松重豊。最上の親友である国会議員・丹野に平岳大、殺人事件の容疑者の一人・弓岡に大倉孝二、沖野と共に検察との闘いに挑む弁護士・小田島に八嶋智人。さらに、矢島健一、音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜、そして人権派大物弁護士・白川雄馬に山?努が出演する。

◎公開情報
『検察側の罪人』
2018年8月24日(金)より全国東宝系ロードショー
監督・脚本:原田眞人
原作:雫井脩介(文春文庫刊)
(C)2018 TOHO/JStorm

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】嵐『Find The Answer』が414,494枚を売り上げシングル・セールス首位獲得
【深ヨミ】SMAP『SMAP 25 YEARS』、ミリオンまでの軌跡を振り返る
木村拓哉、後輩 岡田准一の結婚を祝福 友達は「本当にいてくれないと困る存在」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。