体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優・葉山奨之「本当に自由にできない」 一度やってみたい髪型とは?

俳優・葉山奨之「本当に自由にできない」 一度やってみたい髪型とは?
J-WAVEで放送中の番組『AVALON』。金曜の夜を豪華ナビゲーター陣が週替わりでお届け中ですが、4月6日(金)のオンエアではKenKenが登場! 俳優・葉山奨之さんと、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのまひるさんとよしこさんをゲストにお迎えし、「東京デビュー」をテーマにお話を伺いました!

■葉山奨之、東京デビューの苦労

小学校3年生のときに大阪から東京に移った葉山さんは、なかなか方言が抜けなかったそう。そのため、標準語を話して打ち解けられるように「家の玄関を開けたら、標準語になるってクセをつけてました」と、当時の苦労を明かしました。

大阪・吉本総合芸能学院(NSC)出身のガンバレルーヤは、オシャレに憧れ「大阪のときは半袖で上下ピンクだった」のだとか。よしこさんは、「東京に出てきてピンクのビラビラ(フリル)をつけてオシャレをしました」と語りました。

そこで、渋谷109にある人気ファッションブランド『Last Virgin(ラストヴァージン)』のカリスマ店員・けーしゃんさんが、「初心者がやってはいけないファッション」を指南。けーしゃんさんによると、ファッション上級者がオシャレに着こなす「柄×柄」のスタイリングは、初心者には難しく、ダサくなりがちとのことでした。

■最上もがのマネをして……

そしてファッションに続いて、髪型の話題に。

KenKen:葉山くんは気にすることあります? (美容師に)どうやって頼むんですか?
葉山:僕は、役で髪型をよく変えるので、本当に自由にできない。漫画の原作だったら漫画の原作の髪型にしないといけないので。

金髪のまひるさんは、髪型について以下のように話します。

まひる:私は美容院に行って写真を見せるんですけど。ちゃんと自分の意見を言わないと、あまりにも任せすぎると、勝手に耳とか刈られたりして。
KenKen:耳ごとですか(笑)。中世の拷問みたいな(笑)。
まひる:プロレスラーの天山広吉さんみたいな髪型に1回されたことがあって。
KenKen:なんて言って毎回その髪型にしてもらってるの?
まひる:これは、最上もがちゃん(笑)。

■KenKenのようになりたい!

KenKen:ガンバレルーヤのふたりはずっとその髪型?
よしこ:私は小雪さんにあわせてってところがあるので。標準が小雪さんなので、変えたら変えようかなって思ってます。
KenKen:なるほど。
まひる:私も伸ばしたいんですけど、伸ばすとかわいくなっちゃうんですよ。
KenKen:罪が重くなるからな(笑)。葉山くんも役じゃなく、自分でなんでもいいから1個していいよっていったらどんな髪型?
葉山:僕もKenKenさんみたいに伸ばしたいんですよ。

いつかKenKenのようなロングヘアーの葉山さんを見ることはできるのでしょうか?

そのほか、「TURN THE PAGE」のコーナーでは、美術作家・深堀隆介さんが登場。アクリル樹脂でリアルな金魚を作り出す、制作の裏側に迫りました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『AVALON』
放送日時:金曜20時−22時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。