体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インテリアコーディネート術】築年数が古い賃貸物件をおしゃれにDIYするテクニック

築40年超の賃貸物件をDIYでおしゃれに見せるコツ

こだわりの部屋づくりを学ぶため、今回は東京都世田谷区にある1LDKの賃貸物件に住むM.Kさんの部屋を訪ねてみた。

CMやMV撮影のセットなど、美術製作をしているM.Kさん。長く付き合える家具を大切にし、小物も古いものから新しいものまで、好きなものを上手に飾って部屋をコーディネートしている。また、日常使う生活用品はすぐ手に取れる場所に置くのが基本とのこと。カッコつけ過ぎず適度な生活感を出すのが自分流だとか。

部屋選びのポイントは、間仕切りがなく、DIYがしやすいかどうかだそう。賃貸物件だから何もできないとあきらめるのではなく、原状復帰できるよう工夫をしながらアレンジし、部屋作りを楽しんでいる。
古いものと新しいものの上手なインテリアコーディネートの方法をM.Kさんに学ぼう|【インテリアコーディネート術】美術製作スタッフの居心地の良い部屋づくりとは?

古いものと新しいものの上手なインテリアコーディネートの方法をM.Kさんに学ぼうプロフィール

名前:M.Kさん
職業:映像美術会社勤務
居住地:東京都世田谷区 祖師ヶ谷大蔵駅より徒歩12分
居住年数:3年7ヵ月物件データ

間取り:1LDK
築年数:43年
くつろぎの空間が広がる1LDK|【インテリアコーディネート術】美術製作スタッフの居心地の良い部屋づくりとは?

くつろぎの空間が広がる1LDK①.キッチンはシートを貼ってカフェ風に

吊り戸棚の扉には黒板シートを貼り、カフェ風にアレンジ。シートを貼る際は、扉をマスキングテープで養生してから両面テープで貼ると、転居の際にも簡単に元に戻すことができるそう。
キッチンに黒板シートを貼っておしゃれにアレンジ。木目調のキッチングッズに黒がよく映えている|【インテリアコーディネート術】美術製作スタッフの居心地の良い部屋づくりとは?

キッチンに黒板シートを貼っておしゃれにアレンジ。木目調のキッチングッズに黒がよく映えている②.複数のフォトフレームで壁を飾る

化粧台正面の壁には木目調の壁紙を張り、複数のフォトフレームを飾っておしゃれなインテリアショップ風に。アンティークな雰囲気が漂う空間が完成した。
壁に飾ってある複数のフォトフレームは、異なるデザインながらも、アンティーク調のものを使い統一感を出している|【インテリアコーディネート術】美術製作スタッフの居心地の良い部屋づくりとは?

壁に飾ってある複数のフォトフレームは、異なるデザインながらも、アンティーク調のものを使い統一感を出している③.和風な襖を取り外し型板ガラス入りの間仕切りに

リビングとベッドルームの間にあった襖をオリジナルのガラス戸に付け替え。和室感がなくなり、いっきにおしゃれな空間へと生まれ変わった。また、ガラス戸なら光を通しながらプライベートスペースも確保できる
襖をガラス戸に付け替えたことで、おしゃれなだけでなく、やわらかい光の入る寝室になっている|【インテリアコーディネート術】美術製作スタッフの居心地の良い部屋づくりとは?

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy