体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かつて、テリー伊藤も乗っていたアルファスパイダー。「これに乗る女性を見るとゾクゾクします」

かつて、テリー伊藤も乗っていたアルファスパイダー。「これに乗る女性を見るとゾクゾクします」 ▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話をお届けします!

▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話をお届けします!

映画『卒業』を見て以来、忘れることができない存在に

今回は、「コレツィオーネ(COLLEZIONE)」で出合ったアルファ ロメオ スパイダーについて、テリー伊藤さんに語りつくしてもらいました。

~語り:テリー伊藤~

金曜日の夜10時過ぎ。

美しい女性が運転する真っ赤なアルファ ロメオスパイダーが、首都高速5号線から外環自動車道、そして関越自動車道を幌を開けて走り軽井沢の別荘に向かう。

きっと軽井沢には初老の恋人が待っているのでしょう。週末を2人だけで過ごし、月曜の早朝にまた東京へと帰ってくる。

スパイダーを見るだけで、僕はそんな男と女のラブストーリーを想像してしまいます。今はストーリーを感じさせる車が少なくなりましたね。そんな中、スパイダーはとても貴重な存在です。

アルファスパイダー(Photo:大子香山) ▲色気のあるエクステリアやインテリアがいろいろなことを妄想させます!

▲色気のあるエクステリアやインテリアがいろいろなことを妄想させます!

僕は、20代で初代スパイダーを手に入れました。

18歳の時に好きな女の子と行った映画『卒業』に出てきた、ダスティン・ホフマン演じるベンジャミンが乗る真っ赤なボートテール(シリーズ1)のアルファロメオ スパイダー。

一緒に『卒業』を見た女の子は、その夜にレコード店でサウンドトラックを買い、2日後には映画の中で流れるサイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」の歌詞を全部覚えて僕に歌ってくれました。

▲初代アルファスパイダー(シリーズ2)

▲初代アルファスパイダー(シリーズ2)

結局僕は映画を見てすぐにその子にフラれちゃうのですが、そのときの残像が残っていて、いつかスパイダーに乗りたいと思い続けていたんです。

これは買ってからわかったことですが、僕のスパイダーは見た目こそキレイだったけれど中身はボロボロ。でも幸いなことに大きな故障はせずに乗れました。

晴れた日に幌を開けて、イタリア音楽を聴きながら鎌倉に向かう。そんな、とても優雅な時間を過ごしました。

アルファスパイダー(Photo:大子香山) ▲輸入車の楽しみのひとつが、運転しながら異国の雰囲気を味わうこと。生産国の音楽をかけながら走ると気持ちいいですよ
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy