体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎日混ぜなくてもOK!『熟ぬか床』で、お手軽“ぬか漬”生活を始めてみた

“きゅうりのキューちゃん”でおなじみの東海漬物が発売する『熟ぬか床』は、家庭で簡単にぬか漬が楽しめる便利なキット。“ぬか漬”ってなんだか大変なイメージがあるけれど、手軽に作れるなら是非ともやってみたい!ということで、ぬか漬初心者の記者がさっそく挑戦!!

ズボラな記者でも、ぬか漬はできるのか!?

東海漬物『熟ぬか床 1.2kg(ジッパー袋入り)』(税抜600円)の米ぬかは、安心の純国産。直接食べるわけではないものの、食品基準を満たした玄米から得られる米ぬかを使用。原料の米ぬかをふるいにかけ、塩・水・とうがらし、そして「W発酵調味料」を配合して仕上げている。

「W発酵調味料」は、同社のぬか漬博士が多数の乳酸菌の中から選び抜いた2種の乳酸菌と一種の酵母を増殖させた調味料。これにより、豊かな風味が味わえるという。

ズッシリと重いチャック付きの袋の中には、透明袋に入ったぬか床と「ぬか漬のおいしい漬け方」の説明書。説明書にはぬか床の保存方法や、トラブル時の対処法など、初心者には「なるほど~」と勉強になることばかり。これは冷蔵庫に貼っておくことにしよう。

 

“毎日かき混ぜること必須”と思っていたぬか漬だが、1日程度かき混ぜなくても問題なしとのこと。暑い時期には冷蔵庫での保管がオススメで、この場合は1週間程度かき混ぜなくても大丈夫らしい。しかも、長期的に休憩したいときには、なんと冷凍もできるそう。ズボラな記者は、この“毎日かき混ぜ”がネックになっていたのだが、これで一気に気持ちが楽になった。

 

定番野菜&変わりダネの“アボカド”でトライ!

それでは、ぬか漬を作ってみる。まずは持ち手部分をカットしたチャック付きの外袋に、ぬか床を移していく。このとき、透明袋から絞り出すのではなく周囲に空気を入れるようにして、ひとかたまりの状態で落とすような感覚で入れるのがコツ。もちろん別に保存容器を用意して、移し替えて使ってもOKだ。

ぬか床の中には、先述の通りとうがらしが入っているのが確認できる。そして、何より驚いたのは匂い!記者は小さなころ、祖母が毎日ぬか漬を漬けていたのだが、とにかく匂いが強烈だった記憶があり、懸念要素でもあった。

 

だが『熟ぬか床 1.2kg(ジッパー袋入り)』は、顔を近づければ香る程度で、良い意味で大きくイメージを覆された。何回か野菜を漬けると、乳酸菌と酵母がが増殖してぬかの独特な風味になるそうだ。

今回は、定番のきゅうり、にんじん、そして、漬け物好きの中でひそかに人気を呼んでいるというアボカドで試してみる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。