体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食物繊維由来の違和感を強炭酸化で吹き飛ばした美味しい特保ゼロコーラ『キリン メッツ コーラ』【リニューアル】

コーラなのにトクホ!? という意外性で世間を驚かせたのは2012年。先陣を切ったトクホコーラ・ブームの火付け役が「キリン メッツ コーラ」だった。続いて「ペプシスペシャル」(サントリー)が追いかけ、昨年3月には最後の大物「コカ・コーラ プラス」が登場して、三大コーラにはそれぞれトクホコーラが揃い踏みとなった。そんな中、元祖の『キリン メッツ コーラ』リニューアルを行った。

脂肪の吸収を抑える、中性脂肪の上昇を穏やかにするというトクホ効果はそのままに舌に喉にビリビリの刺激を!

世間的にはもはやゼロコーラは一大市場。慣れてしまうと本来のコーラの方が飲みにくく感じてしまうこともある。体重を気にする人々にとって、しのぎを削って美味しくなったゼロカロリー・コーラは非常にうれしいことである。

ゼロコーラ特有の人工甘味料のクセを消すには、よく冷やして氷を入れるという手がある。だが食物繊維感を消すのはこれまで難しかった

しかし特保コーラまでいくと、少々話は違ってくる。基本的に特保コーラの根拠は、難消化性デキストリンという食物繊維添加による「食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、血中中性脂肪の上昇を穏やかにする」効果。ダイエット民ならうれしい効果なのだけれど、それはやはり味に少なからず影響を与える。難消化性デキストリンは基本的に無味無臭と言われるが、実は食感が変わりがち。特に液体はとろみを感じさせることがあるのだ。

2012年の登場当初の「キリン メッツ コーラ」は、コーラ飴系統の楽しいコーラ味でありながら特保ということで、大ブームを巻き起こした。後追い製品が出た今も特保コーラNo.1の地位をキープし続けているというからすごい。ただ特保コーラ市場は2014年を境に減少に転じているという分析もある。

そこで立ち上がったのが元祖メッツコーラ。生まれ変わったキリンビバレッジ『キリン メッツ コーラ』(480mlPET・希望小売価格 税抜150円・2018年3月20日発売)は、ワイルドで健康的な肉体美を誇る伊藤英明をイメージキャラクターに迎えて、果たしてどのように変化したのか。コーラがないと生きていけない記者が、しっかり検証してみた。

 

強い刺激で舌をビリビリさせてデキストリン感を消す、その戦略はお見事!

難消化性デキストリンは、とろみを与える。コーラといえばすっきり爽やかが特徴。炭酸もジュワッ、スキッとシャープに感じたい。だからとろみは意外と邪魔になる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。