体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

360度VRカメラ「Pano-S」は8K写真と4K動画が撮れて6万円台!

8K と4K の撮影が本当にこの価格で?と思ってしまう360度VRカメラがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

香港拠点のスタートアップが開発した「Pano-S」。8K写真と4K動画の撮影をサポートするという、高度なカメラであるにもかかわらず、Kickstarterでは4399香港ドル(約6万円)〜となっている。

・魚眼レンズ6つ搭載

Pano-Sは円柱形で、カーブを描く側面に絞り値2.4、画角210度の魚眼レンズを6つ搭載する。

かつ、ソニー製の16.35MPイメージセンサーを備え、各レンズのイメージを結合した時の解像度は写真が7680×3840ピクセル、動画は3840×1920ピクセルとなる。

なので、静止画も動画もくっきりパノラマビューで撮影することができるわけだ。

・見た目より軽い!

Pano-Sの大きさは直径12センチ、高さ8センチ。ボディはアルミニウム合金で作られていて、重そうに見えるが実際は650グラムとポータブルだ。

三脚をつけることもできるので、ダイナミックな景色を安定した状態で存分に撮ることができる。

・動画撮影は連続1.5時間

バッテリー容量は6000mAhで写真撮影なら3時間、ビデオ撮影なら1.5時間駆動する。もっと撮りたい、というときには、バッテリーを交換するといい。マイクロSDカードは64GBまで対応する。

4Kカメラとなればお値段もはるし、8K撮影はほぼプロの領域。そこをお手頃価格で開拓しようというのがPano-Sだ。

今なら、カメラ本体にバッテリー、ケーブル類がセットになったパッケージが4399香港ドル、ここに16GBのメモリカードと三脚がついたパッケージは4899香港ドル(約6万6000円)となっている。

小売価格は8499香港ドル(約11万5000円)を予定しているので、お得に入手したい人は今がチャンスだ。出資期限は5月3日。

Pano-S/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy