体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【滋賀 最新レポ】 琵琶湖の食材を活かした「ふなずしジェラート」「ブラックバスバーガー」販売スポット

DSC_0090
ふなずしにブラックバス。琵琶湖特有の魚や名産品は、その評判を聞くと食べてみようか否か、まず迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

DSC_0130
まず、なかなか強烈な臭いと独特の旨みで「ふなずしが苦手」という人におすすめなのが、野洲市の『BIWAKO DAUGHTERS(ビワコ・ドーターズ)』で販売されている「ふなずしサンド」。このお店では、滋賀県の郷土料理として知られているふなずしをもっと親しみやすい食べ物にと、近江八幡市にある『壱製パン所』が考案したふなずしサンドを店頭で販売しています。

DSC_0120
また、ふなずしの製造過程で使われるごはんが混ざった「琵琶湖のジェラート」も、なかなかハマる美味しさ。これも従来のふなずしらしさとは一線を画す、マイルドな味わいです。

DSC_0137
さらに、琵琶湖に生息していて駆除対象となっている外来魚のブラックバスを使った「ブラックバスバーガー」、えびの生ふりかけなども販売するなど、どれも琵琶湖ならではの食材を活かした商品が店頭に並んでいます。
『BIWAKO DAUGHTERS』は、祖母から母、そして現在のショップマネージャーと親子3代の「湖魚の美味しさを知ってほしい」という“想い”が詰まったお店です。まさに地産地消でありながら、従来の概念を覆す新たな商品を次々と開発しています。

DSC_0095
店頭で購入した商品は、店内のベンチでのイートインも可。お土産にも喜ばれそうなおしゃれなデザインのパッケージです。
BIWAKO DAUGHTERShttp://www.biwakodaughters.jp/「虹色の旅 滋賀・びわ湖」観光キャンペーンhttps://www.biwako-visitors.jp/niji-shiga/滋賀県観光情報https://www.biwako-visitors.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

企業のエイプリルフールネタまとめ!
「弟子入りするとまずダンカン!」どうなる!?オフィス北野のルール!!知られざるNHKのルールを集めてみた

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。