体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
図鑑や映像などでは、目にしたことがある潜水艦。その圧倒的な巨大さを誇る実物の潜水艦が陸上で展示されている、日本唯一の施設が広島県の呉にあります。さらに、これも国内唯一という、海上自衛隊が現在使用している潜水艦を間近に望むことができるということで、その希少なスポットを訪ねました。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】

日本海軍の本拠地「鎮守府」として日本遺産にも登録!

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
広島県・呉市でイメージするものは? 「・・・・・・」。広島なら原爆ドームやもみじ饅頭、宮島などと、イメージできるものも多いですが、突然「呉」といわれても難しいですよね。実はこの呉市、戦艦「大和」などが建造され、明治時代には、日本全国4カ所に設置された海軍の本拠地「鎮守府」としての役割を担った歴史があり、文化庁が認定する日本遺産にも登録されている、日本近代化を担う魅力的な施設やスポットが点在しているんです。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
呉駅から港に向かって徒歩5分、突如現れるのが黒と赤の「てつのくじら」。“てつのくじら”とは、潜水艦のこと。見るものに威圧感さえ与える巨大な鉄の塊は、まさに陸に上がったクジラのような圧倒的存在感。全長約76m、幅約10m、重さ約2250t。2004年まで、海上自衛隊で数々の任務を果たしてきた実物で、潜水艦の名前は「あきしお」。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
日本で唯一、実物の潜水艦を展示している「海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)」の展示物のひとつで、艦内に入って操縦席や潜望鏡、乗員室などを見学することができ、その広さや生活ぶりなどを実感! “見て・触れて・体感できる”ココでしかできない希少な体験が魅力的です。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】
史料館では、今も呉に基地を置く海上自衛隊の歴史のほか、潜水艦・掃海艇の活動や変遷などについて模型などを用いてわかりやすく解説。本物の魚雷の展示や海上自衛隊グッズのショップも併設されています。

国内唯一! 超巨大な実物の潜水艦を展示&現役の潜水艦が眼前に現れる!! 【広島県・呉】

◆海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)◆
【住所】広島県呉市宝町5-32
【開館時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
【定休日】火曜
【料金】無料
【アクセス】JR「呉駅」より徒歩5分
【HP】海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。