体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

里帰り出産で夫が初めての一人暮らし。自宅に戻ると袋詰めのゴミたちが…

f:id:akasuguope01:20180214184314j:plain

30歳になる旦那は、これまでひとり暮らしをしたことがありません。

また料理もできず、結婚するまで洗濯機の使い方も知りませんでした。

結婚後は共働きだったため、一通りの家事は教えたものの、料理だけはできないままだった旦那。そんな中、正産期に入った私は、里帰り出産をすることになりました。

私の実家は自宅から車で1時間とさほど遠くはないものの、元来寂しがりやな旦那は日頃服一つ一人で買いに行くことができないタイプ。出張などで1週間程度離れたことはあるものの、ひと月以上を一人で過ごしたことはありません。

里帰りの前日には私以上にソワソワし、荷物や連絡先などしつこいほどに確認してきました。

一方、冷凍食品などを準備していたものの、義実家は自宅のすぐ近くだったため困った時は頼るだろうと思い、あまり不安は感じていなかった私。

週末には顔を見に行くからと言っていたので、旦那にとっても子どもが生まれるまでのいい息抜きになるだろうな、覚悟はできているんだろうと思っていたのです。

それが里帰りから2日目には電話で「寂しい~」と言われ、びっくり!

まだ可愛いと思える範囲でしたが、数週間後よくよく話を聞いてみると、どうやら食事は毎日実家で食べていて、お風呂も洗濯も実家でしてもらっているとのことでした。

おやおや……と思いながらも、口は出すまいと決めていたので、とにかく体調管理だけはちゃんとしてねと言いました。 関連記事:「里帰り出産」私は体が休まったけれど、夫にとってはデメリットも…

そして産後。

子どもの顔を見に何度も訪れていたので、生活はどうしているか聞くと、以前と変わっていないようでしたが、本人は一人暮らしを満喫していると嬉しそうです。

私からしてみると、実家に頼りすぎでとても一人暮らしとは言えないものでしたが、楽しい反面寂しいのだろうと思うとなにも言えませんでした。

私といえば里帰り中は家事をすることもなく母に任せきり、自分と子どものことしかしていなかったためお互い様だと思いました。

しかし、里帰りも終わり自宅に戻ってみると、そこには袋詰めにされたゴミたちが……。早速その処理に追われました。旦那に聞くと何曜日の何時にどこに捨てればいいか分からなかったとのこと。義実家とも住んでいる地区が違うため分からず、そのままになっていたようです。

旦那にとっては自称ですが大成功の一人暮らし。ですが、私にとっては大失敗の里帰りでした…。 関連記事:里帰り出産。自宅で留守番中だった夫も一緒に実家でお世話になることに

f:id:akasuguope01:20180214182931j:plain

著者:りっこ

年齢:26歳

子どもの年齢:1歳3ヶ月

裁縫や料理の好きなひとり娘を溺愛中の主婦。活発な娘に連れていかれる公園遊びが日課です。日々楽しい子育てを目指しながらも、初めての子育てに奮闘しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「里帰り出産」私は体が休まったけれど、夫にとってはデメリットも…
旦那の実家で里帰り出産。義母が握ってくれたおにぎりと手紙に号泣
家事ができない夫もがんばった! 里帰り出産は夫婦お互い成長する貴重な経験に

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。