体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ご飯にふりかける漬物「きりあえ」のうまさを知っていますか?

ご飯にふりかける漬物「きりあえ」のうまさを知っていますか?

寒い地方ほど漬物文化が盛んなもの。

長い冬を乗り切ための保存食として、あるいは塩分で体温を上げて寒さから身を守るためなど、さまざまな理由から進化してきた漬物ですが、南国育ちの筆者などは北国を訪れたときにお茶うけとしてお漬物が出てきたりすると、その漬物愛に面食らってしまったりします。

白メシを真っ黒に染める
北国の漬物愛

ご飯にふりかける漬物「きりあえ」のうまさを知っていますか?

 

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにして食べるのです。

ただし、ふりかける量が半端ない。きりあえでご飯が真っ黒になって見えなくなるまで振りかけるのがご当地での作法。やはり漬物愛がものすごい……。

農民たちの
したたかなバイタリティ

ご飯にふりかける漬物「きりあえ」のうまさを知っていますか?

大根の味噌漬けのしょっぱい旨味に、砂糖の甘みとゴマが豊かに香る「きりあえ」ですが、一体なぜそんなにたくさん振りかけるのか?

実は農民が年貢を納めていた江戸時代、お米は経済を支える貴重品。ましてや冷害で不作に悩まされやすい北国にとって、米は江戸や大阪よりもずっと貴重なものでした。

そこで「農民が贅沢している!」とお上に目をつけられないように、真っ白なご飯にきりあえをびっしりと振りかけて隠したのが、そのはじまりだとか。ただし、その甘じょっぱい風味は箸が止まらない魔性の味。きっと貴重なお米がたくさん農民たちの胃の中へ消えたはず。お上の目を逃れて貴重なお米を文字通り “うまく” 利用したんですね。

きりあえがかかった真っ黒なご飯をひとくち含むにつれ、やっぱ北国の民のトリックスターぶりに感心してしまいます。ご飯にふりかける漬物「きりあえ」のうまさを知っていますか?

購入は、越後味噌醸造より。Photo by Takeshi Kimura

関連記事リンク(外部サイト)

イカの塩辛とはまったく違う「するめ糀漬け」が万能だった
ネバトロプチプチ。海と山の幸がひとつになった「味よし」
歴史も色も深い。富山の「黒作り」はレジェンド級

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。