体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4K 3Dカメラを備えたハイスペックドローン「UP Air 2」が米国で発売開始

4K 動画だけでなく 3D 動画も撮影できる UP Air ブランドの最新ドローン「UP Air 2」の販売が米国で始まりました。
UP Air 2 は DJI の Phantom シリーズを意識したデザインと持つ大型の GPS ドローンです。
その特徴は何といっても機械式の 3 軸ジンバルに 4K 撮影対応のメインカメラに加え、2 つのカメラで風景をステレオ 3D 録画するカメラシステムを装備している点でしょう。
撮影した 3D 動画は VR ゴーグル等を用いて立体視することができます。
また、UP Air 2 には底部にオプティカルフロービジョンセンサーが追加されており、5m までの高さまでなら GPS / GLONASS の電波を受信できなくても安定して飛行するようになりました。
室内フライトにも耐える性能と思われます。
機体デザインは UP Air 1 シリーズを踏襲しており、モーター間の対角サイズは 350mm で、質量は 1,368g と Phantom 並みのサイズです。
バッテリー容量は 5,870mAh ですが、公称フライト時間は 24 分と Phantom と比較して短いです。
UP Air 2 は米国の Amazon において $539(約 57,000 円)です。
UP Air 1 シリーズよりも大幅に値上がりしていますが、ビジョンセンサーや 3D カメラが付いているので妥当な値上げ幅だと思います。
Source : Amaozn

■関連記事
OPPO、コスパの高い18:9スマホ「OPPO A1」を発表
Google、AOSPで「Pixel 3」の名前を明かす
Xperia XZ2の4K HDR動画撮影機能を解説

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。