体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

捨てる木の枝を家具に、美しさ際立つ飛騨産業「kinoe」の椅子

kinoe_001

飛騨産業より発表された家具シリーズ「kinoe 枝の美しさを生かした家具」が注目を集めています。

kinoe(キノエ)は名前のとおり、木の枝をそのままの姿で使用している椅子です。

これまで木の枝は家具製作においては用途がなく、伐採された際に山に置き捨てられるだけの存在でした。

そんな木の枝を、皮を剥いで磨き上げ笠木として利用するというのはデザイナー・貝山伊文紀氏の発案。貝山氏は以前から山で拾った枝を磨き上げて作る作品を発表していました。

「すべてのパーツは同じサイズと形であるべき」という家具生産の常識を覆すキノエは、クリエイターならではの発想を持つ貝山氏と、国産材にこだわる物作りに取り組んできた飛騨産業のタッグによって生まれました。

キノエのデザインベースとなっているのはシンプルなウィンザーチェア。座板に直接、背棒が取り付けられた簡素で実用的な椅子です。笠木となっている枝は曲木加工により背あたりよく絶妙なカーブを描きます。

使われている材の種類はパーツごとに異なりますがすべてが国産材。木の枝を家具用材として使用するため新たな流通ルートも作られたそう。

キノエの取り組みは広く認められ「WOOD FURNITURE JAPAN AWARD2016」「GOOD DESIGN AWARD 2016」を受賞。建築家・伊東豊雄氏の設計によるオペラハウス(台湾)のカフェでも使われています。

家具という工業製品に自然のままの枝を取り入れる事で、世界で一つだけ、けれども洗練された椅子が出来上がりました。シリーズではチェアのほか、ベンチとダイニングテーブルも展開。合わせてコーディネートを楽しめます。

kinoe_003 kinoe_002 kinoe_009 kinoe_004 山で伐採した木を丸太にする際、木の枝は切り捨てられます。そこで新たな流通ルートを作り、木の枝も木材として使用可能に。 kinoe_005 デザイナーの貝山伊文紀氏。「いい枝」を拾って磨き、作品として発表しています。 kinoe_006 kinoe_007 kinoe_008

Kinoe 枝の美しさを活かした家具

アイテム:

EK223チェア

サイズ:W410mm × D500mm × H850~870mm(SH420)

素材:笠木 国産スギまたはヒノキ枝

小凭と脚:国産ブナ

座板:国産クリ

EK661ベンチ

サイズ:W1050mm × D465mm × H810~830mm(SH420mm)

素材:笠木 国産スギまたはヒノキ枝

小凭と脚:国産ブナ

座板:国産クリ

EK333WPテーブル

サイズ:W1600mm × D850mm × H700mm

素材:天板 国産クリ

脚 国産ブナ

EK101Aソファ 1P

サイズ:W7750mm × D7750mm × H990mm(SH305mm、AH560mm)

素材:笠木 国産スギ・ヒノキ枝

小凭と脚:国産ブナ

座板:国産クリ

EK101SOソファ 3P

サイズ:W1985mm × D950mm × H945mm(SH390mm、AH560mm)

素材:笠木 国産スギ・ヒノキ枝

小凭と脚:国産ブナ

座板:国産クリ

※天然の枝を使用しているため、1つとして同じ形のものはありません。

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

50〜60年代の北欧ヴィンテージ家具が約150点「クラシックファニチャーコレクション」開催中
60年を経て幻の名作グランプリテーブルが復刻!
新春恒例のスペシャルセール!「OZONE インテリアフェスタ2018 WINTER」今年も開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。