体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「キングダム」実写映画化決定 作者・原泰久も「納得の脚本」

「キングダム」実写映画化決定 作者・原泰久も「納得の脚本」

 原泰久さん原作「キングダム」(週刊ヤングジャンプで連載中)が4月19日発売の新刊をもってついに50巻という記録を達成。最新刊第50巻を含め累計発行部数は3500万部を突破します。そこで、コミックス50巻発売を記念し「キングダム」の実写映画化決定が発表されました。

 実写映画化には作者の原泰久さんも脚本会議に加わり「納得の脚本」に仕上がっているそうです。なお、映画についての詳細・情報は後日、段階的に発表されるとのこと。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「キングダム」は2006年「週刊ヤングジャンプ」9号から連載される紀元前の古代中国、春秋戦国時代の秦国が舞台の長編大河漫画。身寄りのない戦争孤児の少年・信が、後の始皇帝となる嬴政と運命の出会いを果たし、「天下の大将軍」という夢を胸に戦場に繰り出してゆくストーリーは、魅力的なキャラクター達によって熱く展開されていきます。

 この「キングダム」、2012年にはNHK BSプレミアムにてTVアニメも放映され2013年、第17回手塚治虫文化賞においてはマンガ大賞を受賞した名作ともいえるべき作品。2016年には連載10周年を迎え様々な企画が展開されましたが、コミック50巻達成についても全国規模での企画を準備中との事です。

【原泰久さんの直筆コメント】
「50巻達成大感謝!!! そして、その嬉しいタイミングで何と実写映画化発表です!! この1年、脚本会議にも加えて頂き、意見を尊重して頂き感謝しております。 納得の脚本です!! 予算も破格!! キャストの皆様も超豪華!! 絶対面白いです!!(撮影はこれからですが!) 公開は、ちょっと先ですが どうぞ皆様楽しみにしておいてください」

(c)原泰久/集英社

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

「WEBマンガ総選挙」一般部門2位の「雷神とリーマン」が舞台化
声に出しにくいタイトルの本でも書店で注文しやすくなるぞ! ツイッター発の予約・取り寄せフォーマットが導入開始
「四十七大戦」作者が全てのデスクワーカーに捧ぐ「軽運動」継続のススメ

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy