体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プリウス純正カーナビの隠しコマンドで故障診断

プリウス純正カーナビの隠しコマンドで故障診断

好評のハイブリッド車、トヨタ・プリウスの純正カーナビは隠しコマンドで簡易的なダイアグモードに入ります。ダイアグモードはメーカーのサービスマンが検査・修理用に使うもので、さまざまな設定の変更や確認が可能です。さらには、プリウス本体にもメンテナンスモードに入る隠しコマンドが存在します。

プリウス純正カーナビ隠しコマンド

プリウス純正カーナビの隠しコマンドを入力すると、車両の調子が悪ければ故障診断、受信感度がイマイチならテレビ設定での確認などが可能。ETC連動タイプの場合は、車両のサイズから通行料区分の設定も変更できたりします。

プリウス純正カーナビの隠しコマンドは「現在地」ボタンを押したまま、スモールライトを3回ON/OFFするというもの。これでカーナビ画面にダイアグモードのトップ画面が表示されるのです。

ダイアグモードでは「故障診断」「機能検査・調整」などのメニューが並び、簡易セルフチェックが行えます。ただし、セキュリティ解除コードが不明なため、SDカードコピーや走行中のテレビ視聴制限などの設定は変更できませんでした。

なお、プリウス本体にも隠しコマンドが存在。エンジン始動前に隠しコマンドを入力すると、2種類のメカニック用の特殊なモードに突入します。

プリウスにはメンテナンスモード

プリウスは停車時にはエンジンは停止状態。それがメンテナンスモードでは強制的にエンジン駆動となり、エンジン調整・排ガス測定・スピードメーターテストなどが行えるのです。またサーティフィケーションモードでは、エンジン駆動は無しのままスピードメーターやダイナモメーターのテストができます。

プリウスの隠しコマンドは「A/C OFF」の状態でPOWERボタンを2回押して「!」マークがオレンジ色に点灯するのを確認。左足でブレーキを踏み、Pモードでアクセルペダルを2回踏み込みます。

続いて、Nモードにしてアクセルペダルを2回踏み込み。Pモードにしてアクセルペダルを2回踏み込みます。インジケーターランプがオレンジ色に点滅したら、ブレーキを踏んだ状態でPOWERボタンを押すのです。なお、ペダルを踏む回数が各2回で「MAINTENANCEMODE」、3回で「CERTIFICATION MODE」となります。

関連記事リンク(外部サイト)

高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。