体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イギリス風景画の巨匠 ターナーの展覧会開催、日本初公開作品が多数

1804071png《コールトン・ヒルから見たエディンバラ》1819年頃 水彩、鉛筆、グワッシュ、スクレイピングアウト・網目紙 16.8×24.9cm エディンバラ、スコットランド国立美術館群 ©Trustees of the National Galleries of Scotland

イギリスを代表する風景画の巨匠、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの展覧会「ターナー 風景の詩」が、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて開催される。会期は4月24日から7月1日まで。

穏やかな田園風景や嵐の海、聳え立つ山岳など、自然のさまざまな表情を優れた技法で表現するターナー。独特の光や空気感に包まれた風景画は、フランスの印象派をはじめ多くの芸術家に影響を与えた。

本展では、ターナーの水彩や油彩、版画作品約120点を展示。出品作品の多くが日本初公開となる。イギリス美術研究の第一人者クリストファー・ベーカーにより、「地誌的風景画」「海景-海洋国家に生きて」「イタリア-古代への憧れ」「山岳‐あらたな景観美をさがして」という4つの章で作品を紹介する。

ターナー 風景の詩
会期:2018年4月24日〜7月1日
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間:10:00〜18:00(5月9日、16日、6月26日〜30日は19時まで)※入館は閉館の30分前まで
観覧料:一般1,300(1,100)円、大学・高校生900(700円)、65歳以上1,100円、中学生以下無料 ※( )内は前売および20名以上の団体料金
早期ペア券 :2,000円2枚セット(2枚セット)500組(1,000名)限定
1月19日~3月25日まで販売 ※限定数に達し次第終了
チケット取扱所:展覧会オンラインチケット、イープラス、主要プレイガイドなど

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。