体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨガや日々の運動のおかげで初産なのにスピード安産でした!

f:id:akasuguope01:20180126215452j:plain

安産体操」というと、ヨガを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

もともとヨガ講師をしていた私は、陣痛が来る日の朝もヨガのクラスをしていました。

初産は10時間以上の陣痛がくるなど、生むまで時間かかると聞いていた私。ところが、私の場合はなんとおしるしがきて軽い陣痛、そしてすぐ破水!

病院に着くと「子宮口がすでに9割は開いている」ということで、陣痛室に入ることなく分娩台へ。分娩台の上に乗ってから1時間で生まれるというスピード出産でした。

もともと臨月のエコー診察の時から、骨盤に赤ちゃんが頭をつっこんでいるように映っていたので、「これは安産になるかも」とは言われていました。

結果、その通りになるのですが、想像以上のスピード安産に、担当の先生もびっくり。「ずっとヨガという仕事をされていたから、体を動かし続けていたでしょう? それが良かったですね」と言われました。まさにヨガが安産に結びついたのだと思います。 関連記事:安産体操は頑張りすぎないで程よく。普段の生活で取り入れられる動きを

あの頃を振り返って思うのは、妊娠中は日に日に変化する自分の体に対して、とても感覚が研ぎ澄まされていったということ。

「この動きはなんだか気持ち悪い」、「これは好き」と、まるでお腹の赤ちゃんの気持ちが伝わってきているようで、それに従って体操していました。

きっと体操をして嬉しいのはママだけではなく、お腹の中の赤ちゃんも同じなのかもしれません。

特に気持ちいいなぁと思ったのは、体側を伸ばすことや、腰回りをぐるぐるゆっくり大きくまわす動き。あとは足首を回す、膝の後ろを伸ばす、足の裏のマッサージなんかも気持ちよかったのを覚えています。

お腹が痛みだした時も、仰向けになって膝を立てて左右に往復させていました(笑)。ついつい痛みを和らげようと、体操をしたんだろうとは思いますけれど、いま冷静になって振り返ってみれば、陣痛なんだからさっさと病院に電話をすればよかったと、当時の自分に笑えます。 関連記事:自然分娩をより安産にするためにしたこと。

私にとって、おなかの赤ちゃんと一緒にヨガや体操で体を動かすことは、体作りとともに、穏やかな精神状態を保つのにとっても効果的でした。

それが「安産」につながったんだと思います。

f:id:akasuguope01:20180125225235j:plain

著者:hana

年齢:35歳

子どもの年齢:3歳

ヨガ講師をしながら、3才男子の育児に奮闘中です。ひとりで出産後は、旦那とは別居中。厳しいなかでも、元気いっぱいの3才息子は、どんどんたくましく育ち私を助けてくれるように。へたれる暇なく、できることを全力でやる姿を見せて力強く生きています♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

1人目は長くて辛いお産だったけど。2人目はあっという間のスーパー安産!
ありがとうの花束
明け方4時に陣痛開始…。タクシーがつかまらず始発電車に乗り込むも、改札口で生まれるかもー!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。