体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大盛り焼きそば食べ比べ対決!『明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛』×『日清焼そばU.F.O. 大盛』×『ペヤングソースやきそば超大盛』

「日清焼そばU.F.O.ビッグ」は3月5日に『日清焼そばU.F.O. 大盛』という名称に変わり、”無性にソース食いたい”の欲望に答えられるのは己れのみとばかりにパッケージをリニューアル。そしてマヨビーム効果で近年注目の「一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズも『明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛』として3月19日にリニューアル。これはもう大盛り焼きそば戦争勃発の気配。東日本の人気定番『ペヤングソースやきそば超大盛』も加えて、トリプルで食べ比べしてみた。どれが一番満足度が高いのか!?

お腹の虫が大騒ぎしている時にこそ食べたい、ボリューム満点のカップ焼きそば三羽烏!

西の「U.F.O.」、東の「ペヤング」(北海道は「やきそば弁当」)という勢力図が変化を遂げたのは2015年。からしマヨネーズをビーム状に放出する小袋でかけやすくした”マヨビーム”を、前面に押し出した広瀬すず出演の「一平ちゃん夜店の焼そば」CMの流行。甘めで濃いソースの「U.F.O.」と、あっさりまろやかソースの「ペヤング」とはまた別のマヨビーム一派が立ち上がったのだ。

 

 

まさに混戦模様。今回はそんな3商品を、どれだけ食べ応えがあるかという満足度の観点から比較してみようと思う。カップ麺界の常識として、たくさん食べたいなら焼きそばを選べというのが定説。ならばカップ焼きそばこそが、大盛り界を制するメニューになるはずだ。

ただ単純に麺量で比べれば、ペヤングが最重量で、残り2つは横並び。ソースや具材の合わせた重さで言うとペヤング、一平ちゃん、U.F.O. の順。しかし満足感というのは、そんな数字で割り切れるほど簡単ではないはずだ。

 

 

それでは極限までお腹をすかしてから、食べ比べてみよう。

『日清焼そばU.F.O. 大盛』

(167gうち麺130g・希望小売価格 税抜205円・2018年3月5日発売) 必要湯量700ml/湯入れ時間3分/中太油揚げ麺/かやく(大切りキャベツ、豚肉)/ふりかけ(青のり、紅しょうが)

 

1976年発売の西日本中心に大きな人気を誇るロングセラーブランド・U.F.O.。今回のリニューアルは、”無性にソース食いたい”の欲望に答えられるのは己れのみ”というコンセプト。もともと濃いめの甘辛ソースが特徴のこってり派カップ焼きそばの元祖的存在で、濃い味に慣れたコンビニ舌の持ち主にもっともアピールするタイプ。それを”旨さ凝縮濃い濃いソース”と命名することによって価値の再発見を促す戦略。

かやくはあらかじめ入っている。後入れはソースとふりかけ。130gの麺量に熱湯を入れると、かなり重い。こぼして火傷しないようにシンクのそばでの調理を推奨する。ただ湯切り時はそこまで重くは感じない。

さあ食べてみよう。キャベツは確かに大切りで、存在感大あり。肉は平たいタイプ。ソースの香りは香ばしく甘さを秘めつつさっぱり食べられるU.F.O.の技術の結晶が生み出した美味しさ。確かに濃いのだけれど、それを食べやすくする酸味がいい。お腹が空いている人なら、ペロリといけるちょうどいい大盛りという感じだ。

 

 

『明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛』

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。