体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

精神世界を探索するフリゲADV『Partiality』公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はフリーゲームの新作公開など9本です。

アドベンチャーゲーム『Partiality』公開
partiality-1partiality-2

れんたか氏は1日、アドベンチャーゲーム『Partiality』をブラウザ対応のフリーゲームとして公開した。

殺人事件の被疑者とされる女性の精神にダイブし、事件の真相を探っていくという探索型の作品。想定プレイ時間は1時間半。

ミステリーホラーRPG『クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声』作品ページ正式公開

AlchemyBlueは31日、レトロゲーム風ミステリーホラーRPG『クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声』の作品ページを正式公開した。

クトゥルフ神話をモチーフとしたRPGの3作目。本作は探偵モノのミステリーホラーRPGとなっており、前作よりもホラー要素は薄めとのこと。また、前作では1週間だったタイムリミットが1カ月以上あり、調査の合間や休日に仲間との交流や買い物などをして過ごせるという。

デンシ・グラフィックノベル『ghostpia』Nintendo Switch版開発告知

ノベルアプリ制作チーム超水道は2日、現在連作として公開中のデンシ・グラフィックノベル『ghostpia』のNintendo Switch版『ghostpia for Nintendo Switch (仮)』が開発進行中であることを発表した。パブリッシングはroom6が担当する。

Nintendo Switch版の発売時期は未定。なお、iOS版のリリースについては当初の計画通り継続的に行うとのこと。

ノベルゲーム『Buddy Collection』Nintendo Switch版発売日決定

今春発売予定とされていたNintendo Switch向けノベルゲーム『Buddy Collection if -宿命の赤い糸-』の発売日が4月26日に決定した。

なるとりっく制作の連作フリーゲーム『Buddy Collection』の第1話を原作とし、ルートを追加した作品(関連記事)。パブリッシングはPLiCyが担当する。

超OK、TOKYO SANDBOX 2018出展

インディーゲーム開発スタジオ超OKは、4月14日~15日に開催されるインディーゲームイベント「TOKYO SANDBOX 2018」へ、音楽格闘ゲーム『PHRASEFIGHT』を出展することを発表した。

『PHRASEFIGHT』は今年2月に完成版がリリースされたが、ゲーム内容のさらなる充実を図るため開発を継続中。今回の出展では将来のアップデートで提供予定の新要素を含んだバージョンのプレイアブル出展が予定されている。また、同作のダウンロードカードの販売や、開発プロセスの紹介なども行われる予定。

「デジゲー博2018」開催日決定

デジゲー博準備会は2日、同人・インディーゲームの展示即売会「デジゲー博」の第6回目となる「デジゲー博2018」の開催日が11月4日に決定したことを発表した。

秋葉原UDX2階のアキバ・スクエアおよび4階のUDXギャラリーネクストで開催。6月中旬にサークル参加要項が発表され、7~8月にサークル参加を受け付ける予定。また、スタッフの募集が開始されている。

「物理攻撃エフェクト素材集1」ダウンロード販売開始

ゲーム制作サークルTORaIKIは6日、「物理攻撃エフェクト素材集1」のダウンロード販売を開始した。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。