体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【芸術】凄すぎる! ボルボの高級車「XC60」にペンで絵を描いてみた → ファンタジーすぎる高級車に変身

v3

スウェーデンで誕生したブランド「ボルボ」。いまや世界中で確たる地位を築いたボルボが、ハイカルチャーなイベントを開催し、話題になりつつある。なんと、ボルボの高級車にペンで絵を書くという信じられない試みがなされたのである。

・現代アーティスト大小島真木さん
本来なら高級車にペンで絵を書いたら怒られて弁償モノだが、今回は違った。現代アーティスト大小島真木さんが描いたのだからレベルが違う。ここ数年で飛躍的にアーティストとして頭角を現した彼女は、日本各地はもちろんのこと、ポーランドやメキシコ、中国など世界各国で活動している。

v6
v5
v7

・ある意味「走る芸術作品」
そんな彼女が「ダイレクトにボルボの高級車XC60にペンで描いた絵」なのだから、ある意味「走る芸術作品」を作り上げたともいえる。もともとボルボはフォルムが美しいブランドとしても知られているが、彼女の絵により「さらに芸術性が高まったクルマ」といえるだろう。

・改めて魂が吹き込まれたXC60
ちなみにこのXC60は、2017~2018年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したクルマ。大小島真木さんが描いた幻想的な絵によって、改めて魂が吹き込まれたというべきか。このXC60が実際に走ったならば、まるでペガサスのように駆け抜ける疾走感あふれる気持ちよさと、幻想的なインスピレーションを受けそうだ。

v4
v1
v2
v3

・「最後の一筆」をXC60にペイント
ちなみに大小島真木さんがペイントする様子は一般に公開されながら行われた。2018年4月3日、東京表参道のボルボスタジオ青山でトークショーと「最後の一筆」をXC60にペイントする生実践を行ったのである。このXC60は2018年4月27日まで展示され、誰でも見学することができる。

・世界に一台だけの特別な「ボルボ」
今までもボルボは、現代美術専門誌「美術手帳」がプロデュースしたアーティストたちの作品展示やライブパフォーマンスをボルボスタジオ青山で実施していた。今回は第4弾として大小島真木さんの作品が展示されており、今回のXC60へのペイントも行われたのである。まさにこの世界に一台だけの特別な「ボルボ」。皆さんも乗ってみたい?

もっと詳しく読む: 凄すぎる! ボルボの高級車「XC60」にペンで絵を描いてみた → ファンタジーすぎる高級車に変身(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/04/06/xc60-volvo/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy