体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4月以降に激増! ヒノキ花粉による花粉症の”延長戦”にご用心

4月以降に激増! ヒノキ花粉による花粉症の”延長戦”にご用心
関東以西では、スギ花粉の飛散が徐々に収まりつつありますが、入れ替わるようにヒノキ花粉の飛散が急激に増加しています。

また、2018年は昨年に比べてヒノキ花粉の量が43倍
*にのぼるとの報道も出ています。

やっとスギ花粉の悪夢から解放されたと思ったら、休む間もなくヒノキ花粉に襲われてはたまったものではないですね。

今回はこの気になるヒノキ花粉について、医師に解説していただきました。

ヒノキ花粉はいつからいつまで?

ヒノキの花粉

スギ花粉は2月から5月上旬にかけて飛散するのに対し、ヒノキ花粉は約1か月遅れて3月から5月中旬にかけて飛散します。

スギと同様、北海道と沖縄を除く、九州から東北にかけて広く飛散しています。

各地域の飛散状況については環境省花粉観測システム「はなこさん」のホームページなどで確認できます。

ヒノキ花粉の飛散状況(4月5日現在)

ヒノキ花粉の飛散状況

ヒノキ花粉症の症状は? 

ヒノキ花粉症に悩む女性

ヒノキ花粉症に特有の症状があるわけではなく、症状はスギ花粉症と同様です。

主な症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎症状や、目のかゆみ・涙・目やに・充血といったアレルギー性結膜炎症状が見られます。

関連:花粉症の症状・原因・治療法

スギとヒノキの花粉症を併発するとどうなる?

スギとヒノキの花粉症を併発

スギ花粉症とヒノキ花粉症の両方を持っていると、スギ花粉の飛散がおさまる5月上旬を過ぎても症状が続きます。スギとヒノキ両方が飛散している時期には、
より症状が強くなる場合もあります。

アレルギー症状が続くと、体力も消耗し、アレルギー性鼻炎に伴う副鼻腔炎を起こすなど、症状が重複し複雑になっていく場合があります。

ヒノキ花粉以降にも花粉はある? 

ヒノキ以降の花粉の飛散時期

地域によっても異なりますが、4月から10月にかけてはイネ科、5月から8月にかけてはカモガヤ、8月から10月にかけてはキク科(ブタクサ・ヨモギ)、10月から12月にはセイタカアワダチソウ、1月から3月にかけてはハンノキが花粉を飛ばします。

また、北海道では上記のような植物の花粉が少ないものの、5月ごろシラカバ花粉が見られます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。