体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高野寛×宮沢和史×おおはた雄一、東京に続きビルボードライブ大阪でも再共演

高野寛×宮沢和史×おおはた雄一、東京に続きビルボードライブ大阪でも再共演

 高野寛、宮沢和史、おおはた雄一の豪華共演ライブが、先月3月に行われたビルボードライブ東京に続き、ビルボードライブ大阪でも決定した。

 高野寛は1988年にソロデビュー後、ギタリストとしてYMOやTEI TOWAなどのライブや作品に参加。サウンドプロデューサーとしても、小泉今日子やTHE BOOM、森山直太朗、GRAPEVINEなど数多くのアーティストの作品を手がけてきた。宮沢和史は、1989年にTHE BOOMのボーカリストとしてデビュー以降、ソロや高野が在籍するバンド、GANGA ZUMBAのボーカリストとしても活動。おおはた雄一は2004年に1stアルバムをリリース、奥行きのある歌とギタープレイで注目を集め、数多のミュージシャンとも共演を重ねてきた。スタイルは違えど、各々に“うた”の可能性と向き合う3名が、春のビルボードライブに集結する。

 公演の予約開始日は、BBL会員は5月16日、一般は5月23日。東京でも大好評だった、3人の響き合うスペシャル・セッションをお見逃しなく。

◎公演情報
【高野寛×宮沢和史×おおはた雄一】
2017年6月16日(土)
ビルボードライブ大阪

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

高野寛×宮沢和史×おおはた雄一、みずみずしい個性が響き合うスペシャル・セッション 3人の“歌とギター”に心も身体も癒されて
高野寛×宮沢和史×おおはた雄一、ビルボードライブ東京で豪華共演ライブを開催
野宮真貴、横山剣/高野寛をゲストに“日本でいちばん大人でおしゃれなバレンタイン・ライブ”開催決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。