体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<インタビュー>多彩な表現力でリスナーの耳と心を奪うMALIYA、1stAL『ego』と渋谷WWWワンマンへの想いを語る

<インタビュー>多彩な表現力でリスナーの耳と心を奪うMALIYA、1stAL『ego』と渋谷WWWワンマンへの想いを語る

 MALIYAの1stアルバム『ego』を携えたワンマンライブ【MALIYA 1st Album “ego” Release Live】が、4月10日に東京・渋谷WWWにて開催される。

 フューチャーソウル、ジャズ、ポップスを昇華した歌声とサウンドでテン年代を代表するシンガーとしてシーンに頭角を現し始めているシンガーソングライター・MALIYA。2016年に発表した1stE.P『ADDICTED』以来およそ1年半ぶりのリリースとなる『ego』は、1stアルバムと思えないほどの幅広い歌声の表現力や音楽性の多彩さに、とても驚かされる1枚だ。そんな彼女が、アルバム『ego』の楽曲制作や歌詞の世界観について、また、間もなく開催されるワンマンライブへの意気込みなどを語ってくれた。

–2016年8月にリリースしたEP『Addicted』は全編打ち込みでしたが、それに比べて今回のアルバムでは生音での楽曲が多い印象です。楽曲制作や音に対して何か意識の変化があったのでしょうか?

MALIYA:『Addicted』は、10代の頃から作り溜めていた作品を名刺代わりにと思ってリリースしたんですが、今回は一から作った新曲ばかりなんです。多分、その間に聴いてインプットした音楽が反映されているんだと思います。10代の頃は聴く音楽もメインストリームのものが多かったんですが、ここ何年かで昔のソウルだったりレコードをたくさん聴くようになって、ニーナ・シモンやアレサ・フランクリン、マリーナ・ショウをちゃんと聴き直して。アルバムの中でも1曲目の「Hard Liquor」は彼女達からのインスパイアが出ていると思います。なので聴く音楽が変わったというのは大きいし、後は自分のライブの影響もありますね。昔はクラブでオケだったのが、ギターやカホンと一緒にアコースティックでやるようになって、「もっとパンチのあるサウンドがいいな」と思うようになってから最近はずっとバンドセットなので。今回はその考え方を素直に作品にしました。

–アルバムではそういったソウルミュージックやファンクに加えて、ネオソウルなどに通じる楽曲もあればバンドサウンドも生音も入っていますよね。

MALIYA:バンドサウンドと打ち込みを一緒のアルバムにするのは悩んだ部分でもあるんですが、どっちも私の作品だからきっと共通点があると思ったし、考えすぎずにとにかく曲を仕上げていったらちょうど半分ずつぐらいになりました。

–雰囲気が変わっていくのに違和感がないですよね。ジャンルも音もこれだけ幅広いものを1枚に落とし込めるのはすごいと思います。アルバム前半の生音かた雰囲気が変わるようなインタールードの「Skit- Back To the 00s-」は、2000年代という時代と何か関係があるのですか?

MALIYA:「Skit- Back To the 00s-」は1stE.Pに入っている「Addicted」を逆再生したものなんです。アルバムでは「Skit」の次が「Wisp of Smoke」なんですが、「Addicted」と「Wisp~」は元々10代の頃に作った楽曲なので、アルバムでは「Skit」で自分の時間を巻き戻していって「Wisp~」に繋げるという流れがセットになっているんですよね。

–なるほど。10代のご自身とリンクしていたんですね。「Wisp of Smoke」は10代で作られて、なぜこのタイミングでアルバム曲に?

MALIYA:「Wisp~」は会いたいのに触れられなかったり涙が出ちゃったり、自分の気持ちも宙に浮いたままで…っていう叶わない恋と煙を重ねている曲なんですけど、思い入れが強い曲なのできちんと作り直したくて、バークリー時代の友人のYoshi(Yoshi Kodate)に相談したんです。Yoshiは海外にいるから細かい話し合いなどができずにいたので、最初は結構固めでエッジが効いた音が返ってきて。「もう少しマイルドな感じで」ってイメージを伝えたらもうばっちりなビートが来て、達成感がすごかったです。

–今回、ご自身の名義で初の客演を迎えた「Breakfast In Bed」では、Ryohu(KANDYTOWN)さんが参加、サウンド・プロデュースはSTUTSさんが手掛けられていますね。

MALIYA:昔から下北沢のGarageなどでRyohu君のライブは見ていたし、このアルバムにも参加してほしいなと思っていたんです。私のイメージだけど、Ryohu君って女の子が言ってほしい言葉をくれそうだなと思って(笑)それで、ビートをどうしようかなって考えた時に近い世代でフィーリングが合う人で思い浮かんだSTUTSさんにサウンド・プロデュースをお願いしたんです。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy