体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「WEBマンガ総選挙」一般部門2位の「雷神とリーマン」が舞台化

「WEBマンガ総選挙」一般部門2位の「雷神とリーマン」が舞台化

 2017年9月に発表された全WEBこみっくの頂上決戦となる、「WEBマンガ総選挙」(ピクシブ株式会社、日本出版販売株式会社の共催)で一般部門第2位を獲得した、RENAさんのWEBコミック「雷神とリーマン」の舞台化が決定。2018年4月7日〜14日、東京・新宿のシアターモリエールで上演されます。

 あわせて劇場ロビー、ステージでの複製原画展示と、公演日当日のチケットを提示した人にRENAさん描き下ろしのオリジナル小冊子プレゼントもアナウンスされました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今回の初舞台化にあたり、雷遊役は、日本でアーティストとして活動後にソロ活動をスタート、日本でドラマ出演経験もあるミンスさんと、個性派演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」メンバーで双子の弟、要さんとのユニット「TWIN PARADOX」でアーティストとしても活躍中の二葉勇さんが、ダブルキャストで配役されました。

 そしてリーマンの大村役には、アイドルとして日韓両国で活動し、現在はソロアーティスト、俳優としても積極的に活動しているインジュンさんがキャスティングされました。

 さらに、原作者RENAさんが今回の舞台のために特別に描き下ろした、オリジナル小冊子を公演日当日のチケットを提示した方全員にプレゼント。劇場内ロビーとステージでは複製原画の展示が行われ、原作と舞台の違いや共通点を楽しむことができます。ステージ上での展示作品は随時入れ替え予定。ステージ上の展示は開場から開演前までなので、毎回の開演までのお楽しみです。

■原作者RENAさんTwitterより、稽古見学後のコメント

 舞台「雷神とリーマン」の稽古場見学をさせてもらいに行きました。舞台慣れしていないので、最初の10分くらいどういう風に見ていいかわからなかったんですが、雷遊が海苔を破く所のアドリブで笑ってしまい、一気に引き込まれ、その後は沢山笑いながら楽しく見学させて頂きました。率直の感想を言いますと、やりとりの可愛さで爆発するかと思いました。いや…ほんと役者さんたちのやり取りが役の上でも役の外でもあまりにも可愛すぎて爆発四散して召されるかと思った…なんだろうこの気持ち…可愛いの暴力だった… #雷神とリーマン

■上演概要
タイトル:『雷神とリーマン
公演日程:2018年4月7日(土)~2018年4月14日(土)
会場:新宿シアターモリエール(新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル2F)
出演者:雷遊役(Wキャスト) ミンス/二葉勇(劇団番町ボーイズ☆)
リーマン大村役 インジュン
和田侑徳、山形啓将、平岡千香子、井伊亮太
演出:藤原新太
原作:RENA
主催:舞台『雷神とリーマン』実行委員会
制作:ライズコミュニケーション
協力:株式会社リブレ
チケット料金:全席指定9,300円(税込) 学生割引7,000円(税込)※未就学児童入場不可
公演に関するお問い合わせ:ライズコミュニケーション 03-5790-2661(平日13:00~17:00)

(c) RENA/libre
画像提供・株式会社リブレ

関連記事リンク(外部サイト)

声に出しにくいタイトルの本でも書店で注文しやすくなるぞ! ツイッター発の予約・取り寄せフォーマットが導入開始
「四十七大戦」作者が全てのデスクワーカーに捧ぐ「軽運動」継続のススメ
カリスマ漫画家・岡崎京子の「チワワちゃん」 門脇麦主演で実写映画化へ

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。