体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

くせ毛の悩みにサヨナラ! プロの技が自宅で再現できる超有能なドライヤー『Nobby by TESCOM』

全国のおよそ70%の美容室で使用されている、プロ御用達のドライヤー「Nobby」をベースに開発された家庭用ドライヤー『Nobby by TESCOM NIB3000(プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー)』。シンプルかつスタイリッシュなデザインはもちろんのこと、『Nobby by TESCOM』にはプロの技が自宅でリアルに再現できる工夫が満載。3ヵ月間使用した記者が、その実力を赤裸々にレポートする。

 

くせ毛の悩みが解消!サロン帰りの髪形がキープできる驚きの使い心地

小さい頃から天然パーマで、ずっとサラサラヘアに憧れ続けてきた記者。唯一ストレートヘアを楽しめるのは、美容室に行ってブローをしてもらった時だけ。だが株式会社テスコム(東京都品川区)から発売中の『Nobby by TESCOM』に出会ってからというもの、長年の悩みからすっかり解放されたのだ。

記者が最初に『Nobby by TESCOM』を目にしたのは、昨年11月に行われた新商品発表会の会場だ。

家電商品にはめずらしいマットな質感とシンプルなデザインに魅了されていたのだが、実際に使ってみたところ予想していた以上に機能性が高く、操作性に優れた商品であることに驚かされた。

ハイパワー&3段階の風速・温度切替えスイッチでしっとり速乾を実現!

プロ用と家庭用の違いを考えたときにまず最初に思い浮かぶのは、なんといっても乾かすスピードの速さだろう。『Nobby by TESCOM』には、業務用ドライヤーと同じファンとモーターが採用されているため、1300Wというハイパワーでのスピードドライが可能になったのだ。

とはいえ、いくら早く乾かせたところで、「スタイリングには高度なテクニックが必要なのでは?」と感じている読者も多いはず。『Nobby by TESCOM』の操作性の高さはそこにある。美容師は髪の毛とドライヤーの距離を近づけたり遠ざけたりすることで、乾かす温度を調節して髪の過乾燥を防いでいる。『Nobby by TESCOM』なら風速と温度をそれぞれ3段階で調節できるので、適度な水分を髪に残しながらしっとりまとまるプロのブローが、誰にでも簡単に再現できるのだ。

本当に簡単!? 『Nobby by TESCOM』の使い方

では、実際に商品の使い方を紹介しながら、『Nobby by TESCOM』の特徴をお伝えしていこう。

まずはタオルでしっかりと水分をふき取ってから、ドライヤーの温度切り替えスイッチを約90℃のMID(紫)に設定し、髪の根元を持ち上げて、地肌からしっかりと乾かしていく。早く乾かしたいあまり、いきなり高温で外側から風をあててしまいがちだが、内側が生乾きだと仕上がりに差が出るので、ここは焦らず丁寧に乾かすのがポイントだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。