体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空の交通もハイブリッドの時代!?エアタクシーの将来性について考えてみた

陸の交通手段が、着々とハイブリッド化されつつあるのは周知の事実。それなら、空のほうはどうだろう?イスラエルの新興航空機メーカー、Eviation Aircraftは、2021年に世界初となる電気通勤機、「Alice Commuter」をローンチさせるという。2021年といえば、東京オリンピックの翌年。空路の改革も、すぐそこまで来ているようだ。

・クリーンで静か、低価格な料金

「Alice Commuter」は9人乗り。オール電化のビジネス・コミューター機として、独自に開発されたものだ。昨年6月には、パリの航空ショーにも登場。来年には、テスト飛行を実施する予定だ。速度は、毎時約450キロメートル。最大飛行距離は、約965キロメートルになる。

料金も激安。一人あたりの運賃は、電車と同じくらいの金額になるのだとか。理由は、電動駆動による運用コストの大幅なダウン。従来の航空機のように、大掛かりなメンテナンスもいらなくなるので、その分運賃を抑えることができる。

電気駆動飛行機のメリットは、ジェット機や燃料駆動の飛行機に比べて、はるかに静かでクリーンなところ。プロペラはコンピューターで制御され、飛行中に大気汚染物質を排出することもない。環境問題に敏感な現代人が、注目するのも当然だ。

・エアタクシー実現は十分可能!?

そうは言っても、ハイブリッド機がいきなりジェット機にとって代わることはない。バッテリー維持の時間が限られているため、燃料機のように長距離を飛ぶのは難しいからだ。将来技術が進み、長時間充電が可能になれば別だが、今のところそれは考えられない。

しかし、電気駆動の飛行機導入が実現すれば、今より気軽に空路が使えるようになるだろう。短距離なら十分対応できるのだから、いわゆるエアタクシーが普及する可能性は、かなり高いと見ていい。実際、ロサンゼルスのスタートアップWright Electricなども、2027年を目処に、電気飛行機の開発に臨んでいるらしい。こちらは、最大180席、約480キロメートルの飛距離と、規模もかなり大きい。いずれも、勝負は2020年代。新時代の交通網に、大いに期待したい。

souce by NBC News.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy