体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OPPO、フルスクリーンデザインを採用した新型スマホ「OPPO R15」を発表、セラミックボディバージョも存在

中国メーカー OPPO がグローバルモデル「OPPO R」シリーズの新モデル「OPPO R15」を発表しました。
OPPO R15 は昨年秋に発売された OPPO R11s の後継モデルで、今作では 6.28 インチ 19:9 アスペクト比となる 2,280 x 1,080 ピクセルの Super-V ディスプレイと iPhone X の Notch デザインを取り入れてフルスクリーンデザインにしました。
OPPO R15 にはボディ素材とスペック別に 2 モデルが存在しており、スタンダードモデルはダブルサイドガラスデザインを採用しており、MediaTek Helio P60 プロセッサを搭載しています。
もっと高価なセラミックバージョンは外装全体に立体形成のカーブデザインセラミック素材を採用しており、プロセッサには Snapdragon 660 を使用しています。
両モデルは 6GB RAM + 128GB ROM、背面に 1,600 万画素 + 500 万画素のダブルレンズカメラ、前面に 2,000 万画素カメラ、3,450 / 3,400mAh バッテリーを搭載しており、急速充電機能「VOOC」にも対応しています。
USB コネクタは従来の Micro USB のままです。
OPPO R15 の OS は最新の Android 8.1 + Color OS 5.0 を採用しており、中国においてスタンダードモデルは 2,999 元、セラミックバージョンは 3,499 元で発売されます。
Source : OPPO

■関連記事
KDDI、au Walletプリペイドカードのリアルタイムチャージや電話番号による送金機能などを提供
Xperia XZ2では発熱が減って10分を超える4K動画を余裕で撮影可能
DJI Mavic Pro 2は1/1.7インチのExmor Rを搭載し4K@60fpsの動画撮影をサポートか?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy