体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia XZ2では発熱が減って10分を超える4K動画を余裕で撮影可能

Sony Mobile の Xperia スマートフォンは、これまで 4K サイズの動画を 10 分前後までしか撮影できませんでしたが、2018 年フラッグシップ「Xperia XZ2」では 10 分を大きく超えて撮影することも可能になりました。
既存の Xperia が 10 分前後までしか撮影できなかったのは端末が高温状態になるためで、一定の温度に達するとカメラアプリは強制的に終了します。
その時間が長くても 10 分でした。
発熱のために事実上は 10 分前後の動画しか撮影できなかったことになります。
Xperia XZ2 の場合、H.264 コーデックの設定で 4K 動画の撮影を開始しそのまま放置したところ、10 分後の表面温度はほんのりと温かい程度と既存の Xperia とは明らかに違いました。
そして録画を停止する 16 分 03 秒まで「高温警告メッセージ」は一切表示されませんでした。
これらな 20 分、30 分と録画を継続できるはずです。
録画時間が大幅に延長した理由は、おそらく発熱が大幅に減ったからだと思います。
ただこれは内部構造の改良や基盤周りの改良など様々な要素が関係しているので、一概に何がどう変わったからだと断定することはできません。

■関連記事
DJI Mavic Pro 2は1/1.7インチのExmor Rを搭載し4K@60fpsの動画撮影をサポートか?
DJI Phantom 4 Pro v2.0がFCCの認証を取得、技適マークも確認
Alexa入りサウンドバー第一弾「Polk Audio Command Bar」が登場、$299で予約開始に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。