体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

簡単なのにデパ地下クオリティって本当?『らくらく炊きたて赤飯おこわ』を作ってみた!

お祝いシーズンの春。ネットのお料理レシピはあれど、ひとつひとつの料理を全部手作りするのは大変、と悩んでいる人も多いはず。『らくらく炊きたて赤飯おこわ』は、デパ地下で人気の赤飯おこわを家庭で簡単に作れるようにフルセットになった便利なアイテムだ。

誰でもデパ地下の味が再現できる?『らくらく炊きたて赤飯おこわ』とは

お祝いの席でおなじみの「お赤飯」は、誕生日や受験に合格したとき、入学・進級祝いのときなど節目のタイミングで登場するおめでたい料理。デパ地下ではお祝いごとに限らず、毎日行列ができるほど人気があるのはご存知のはず。

 

イチビキ株式会社(愛知県名古屋市)『らくらく炊きたて赤飯おこわ』(2合分・標準小売価格 税抜640円・1998年発売)は、そんな大行列ができるほどのおいしい赤飯を家庭で手軽に食べられるようにしたいと開発された商品。デパ地下で買うと自宅に持って帰るまでに冷めてしまうので、「炊きたてのおいしさ」と「家庭で炊飯できる手軽さ」を両立したのだという。

こどもが生まれてから何かとお祝い料理をつくったり頼んだりしている記者は、実はコンビニおにぎりでも赤飯を選んでしまうほど赤飯好き。とはいえ、自分で炊くとなると「もち米をこの1度のために買うのは・・・」「お祝いなのに失敗したらどうしよう」と二の足を踏んでしまっている。

 

しかし『らくらく炊きたて赤飯おこわ』なら、炊飯器に入れて炊くだけだから簡単そう! お祝いのときに出しても大丈夫なくらいおいしいのかどうかも含めて、実際に作ってチェックしてみたい!

炊飯器と水・塩があればOK!実際に『らくらく炊きたて赤飯おこわ』を作ってみた!

『らくらく炊きたて赤飯おこわ』は、もち米2合と豆、煮汁、ごま塩という4点がセットになっている。もち米は無洗米なので、そのままお釜の中に入れてOK!

このほかに用意するのは、水250mlと塩(小さじ半分)のみ! その名の通り”らくらく”だ。

もち米の無洗米は初めて見たような気がする。もち米は全国各地の様々な品種の中から赤飯にしたときの色や味、香り、見た目、食感などにこだわりぬいて選んだという。正直なところ、無洗米はおいしくないイメージがあるので味がとても気になる。

お釜にもち米、豆、煮汁、水250ml、塩(小さじ半分)を入れてよくかき混ぜる。お釜に入れると、白米の2合の目盛りより少ないのだが、無洗米のもち米はこれで2合になるとのこと。もうこれだけで炊飯器のスイッチをいれていいというから便利すぎる。(ガスで炊く場合は、炊く前に30分ほど置く)

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。