体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホンダジェット製造会社が全米航空宇宙学会の賞を受賞

ホンダジェット製造会社が全米航空宇宙学会の賞を受賞

 2018年4月2日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を製造するアメリカ法人、ホンダ・エアクラフト・カンパニー(HAC)が、2018年の全米航空宇宙学会(AIAA)「連盟優秀賞(Foundation Award of Excellence)」を受賞することになったと、同社が発表しました。全米航空宇宙学会(AIAA)は、1963年に設立された、アメリカの航空宇宙工学とその関連分野の学会です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今回ホンダ・エアクラフト・カンパニー(HAC)が受賞した連盟優秀賞というものは、航空宇宙技術において顕著な業績に対して贈られるもの。過去にはボーイング(機体の大部分を炭素繊維複合材で作ったB787ドリームライナー開発に対して)、ロッキード・マーティン(F-35開発に対して)、NASAのラングレー研究所(一連の航空宇宙技術研究に対して)などが受注しています。

 ホンダ・エアクラフト・カンパニーの受賞理由は、ホンダジェットの開発と、その商業的成功によって、ビジネス航空分野で新たなスタンダードをもたらしたことに対して。抵抗の少ない独創的な機首形状、主翼の上にエンジンを配置し、客室内スペースを最大化した工夫、そして小気味よいスポーツカーのような飛行性能で13の新記録を打ち立てたことなどが言及されています。

 この受賞に際し、ホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野道格CEOは「この映えある賞を受賞したことは、当社で働くすべての人々にとっての栄誉です。もっとも先進的な技術を持つ小型ジェット機、ホンダジェットの開発について、このような素晴らしい学会から表彰されるというのは、私たちの誇りです」というコメントを発表しています。

 授賞式は2018年5月2日の18時30分(現地時間)から、アメリカの首都ワシントンのロナルド・レーガン・ビルディング&トレードセンターで行われます。

Image:Honda Aircraft Company

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

NASAの低ソニックブーム実験機、ロッキード・マーティン「スカンクワークス」が受注
イギリス空軍創設100周年・記念イベントがスタート
99年前の旅客機、リモワの手で復活再生産開始

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。