体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホタルイカの旬が到来。富山の漁まで追いかけて知った衝撃の事実!

ホタルイカの旬が到来!富山の漁まで追いかけて知った意外な事実!
今年もホタルイカの季節がやってきました。ゴールデンウィークまで富山でホタルイカ漁を見学できるのをご存知でしたか?筆者は8年前、ホタルイカが好きすぎて、とびきり新鮮な刺身を食べまくろうと現地に赴きました。

ホタルイカの刺身、現地のお値段は?

ホタルイカの町「滑川」は、富山駅から電車で15分ほど行ったところにあります。

夕方ふらっとスーパーへ。ホタルイカをチェック。みてください、この刺身パックのお値段を!

ホタルイカの旬が到来!富山の漁まで追いかけて知った意外な事実!
しかも半額で、100円ちょっとだなんて。さすがはホームです。

ちょっと気になるのが、「刺身は内臓をおとり下さい」という記述。内臓があるからこそ美味しいのに。

そして知った衝撃の事実

小奇麗な居酒屋さんで夕食をいただくことにしました。まずオーダーしたのは、勿論ホタルイカの刺身が入った盛り合わせ。でも少々様子がおかしいです。よくみるとワタがなく空っぽ。

ホタルイカの旬が到来!富山の漁まで追いかけて知った意外な事実!
お店の人に聞いてみたところ。ホタルイカには虫がいることがあるので、内臓を取っているとのこと。

でも、東京でいただく刺身にはワタが入っていますけれど?と言ったら、あれは冷凍処理をして、虫を殺しているからだと。業務用の冷凍庫で数日冷凍しないと旋尾線虫感染症というものにかかり、腸閉塞になる場合もある。こっちでは丸ごと生で食べる人、いませんよ、と。

なんと!獲れたてのホタルイカ(ワタつき)をたらふく食べにきたのに、何のためにここまで…。茫然としながら、食事をいただいたのでした。

ホタルイカ漁見学へ

気を取り直して、ホタルイカ漁見学へ。朝2時半に現地集合です。ホテルから歩いて向かいます。暗闇に光るネオンが、なんだか沁みます。

ホタルイカの旬が到来!富山の漁まで追いかけて知った意外な事実!
誰も見かけず、もしや今日は欠航なのではと心配しましたが、無事参加者を発見。説明を聞いて客船に向かいます。

ホタルイカの旬が到来!富山の漁まで追いかけて知った意外な事実!
ホタルイカの旬が到来!富山の漁まで追いかけて知った意外な事実!
沖に停泊し、定置網を操る漁船。

ホタルイカの旬が到来!富山の漁まで追いかけて知った意外な事実!
その後一斉に灯りが落とされます。

ホタルイカの旬が到来!富山の漁まで追いかけて知った意外な事実!
青い光を探しましたが、この日は、その光がささやかだったように思います。網にかかった様子。

ホタルイカの旬が到来!富山の漁まで追いかけて知った意外な事実!
そして、発光したホタルイカ。目や腕が光っています!

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。