体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヴァージン・ハイパーループ、「Vision 2030」ロゴ入りポッドをサウジ皇太子に紹介

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子は、米国カルフォルニア州のモハーヴェ砂漠にあるヴァージン・ハイパーループ・ワンの実験施設を視察し、その際、「Vision 2030」のロゴが入った最新ポッドがお披露目された。

今回の訪問では、サウジアラビアと同社のさらなる連携を確認。サルマーン皇太子は「ハイパーループは次世代テクノロジーを現実のものとする起爆剤になりうる」と期待感を示した。

・経済改革計画の一環

公開された新ポッドは、これまでの実験で使われてきたものと大きくは変わらないが、車体にサウジアラビアの経済改革計画「Vision 2030」のロゴをあしらっている。

この経済改革計画を推し進めるサルマーン皇太子は「サウジアラビアを、テクノロジーを使う側でなく、生み出す側にする」姿勢を示していて、他国に先駆けてハイパーループを取り入れる考えだ。

両者はハイパーループの導入が産業の多様化や雇用拡大につながると推測。GDPを1〜2%押し上げるVision 2030にそぐうものと位置付けている。

・中東一帯をつなぐ構想

ヴァージン・ハイパーループ・ワンはすでに、クウェートの首都クウェート市やサウジアラビア西部の都市ジッダ、オマーンの首都マスカットを結ぶ構想を打ち出している。

それによると、サウジアラビアの首都リヤドからジッダまで現在10時間以上かかるが、それをハイパーループだと76分に大幅短縮することができるとのこと。

サウジアラビアの実力者であるサルマーン皇太子が全面支持していることから、同国では想定よりも早くハイパーループが“市民の足”となるかもしれない。

Virgin Hyperloop One

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy