体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1度は行きたい「もずく・もずく・もずく!」なお店

1度は行きたい「もずく・もずく・もずく!」なお店

「もずく」は、「もずく酢」くらいでしか食べたことなかったし、「もずく尽くし」と聞いても、いったいどんな「もずく料理」が出てくるのか、あまり想像もつきません。そもそも、「もずくをお腹いっぱい食べる」という感覚もちょっと分かりません。

しかもこんなふうに「もずく」を連呼していると、「もずく」の実態すら掴めなくなり、なんだかフシギな世界に迷い込んだような気分になってきました。

嗚呼、もずく、もずく、もずく…。

「生もずく、おかわり自由」
「もずくジューシー付き」

1度は行きたい「もずく・もずく・もずく!」なお店

沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製もずくそばの専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢・もずくゼリーがついてくるという、もずくもビックリするレベルのMOZUKU祭り。

それでも飽きたらん! っていう人には、「もずくの天ぷら」がオススメです。これがまた風味がグンと増していて、おいしいんです。

生もずくはおかわり自由だし、14時まではもずくジューシー付き。1年分のもずくを一気に食べられるような満足感です。

目の前の海で採れた
超新鮮なもずく

1度は行きたい「もずく・もずく・もずく!」なお店

オーナーはもずく養殖歴30年以上のウミンチュで、だからこそ超新鮮なもずくが食べ放題。太くて、食べごたえのある食感が特徴的でした。

ちなみに、日本で食べられているもずくのほとんどは沖縄産。少し前には「フコイダン」がたっぷり含まれていることで、健康に気をつかう人たちの間で話題になりましたね。もずくブームは、定期的に訪れるそうです(笑)。1度は行きたい「もずく・もずく・もずく!」なお店 「くんなとぅ」には、小さい港、という意味があり、天気がいい日はテラス席から青い海や奥武島(おうじま)を眺めながら食べるのもいい。1度は行きたい「もずく・もずく・もずく!」なお店

メニュー表も、気持ちいいくらいに、もずく。

・もずくそば
・もずくソーキそば
・もずく野菜そば
・もずく中味そば
・もずく焼きそば
・もずくザルそば1度は行きたい「もずく・もずく・もずく!」なお店

味つけも絶妙な、沖縄風炊き込みごはん「もずくジューシー」。1度は行きたい「もずく・もずく・もずく!」なお店

「くんなとぅ」がある南城市のコンセプトは、住む人も訪れる人も健康的になれるウェルネスなまちづくりをすること。

そういう意味では、ヘルシーに、とてもお腹いっぱいになれました。

いやー、もずくのイメージが変わったなぁ。

くんなとぅ

住所:沖縄県南城市玉城志堅原460-2
TEL:098-949-1066
定休日:なし

Photo by JAPAN LOCAL取材協力: 南城市, イーストホームタウン沖縄

関連記事リンク(外部サイト)

【金月そば】「沖縄つけそば」に感じた、新たな可能性
こんなゴーヤーチャンプルー、食べたことなかった
「もずく酢」を使って5分でつくる酸辣湯(サンラータン)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。