体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インテリアコーディネート術】まるで雑貨屋! ヴィンテージを上手く取り入れた部屋づくりのコツ

生活感を感じさせない気の利いた空間づくりとは?

こだわりの部屋づくりを学ぶため、今回は東京都三鷹市にある3LDKの賃貸物件に住むM.Hさんのお部屋を訪問。

バッグの製造販売をしているというM.Hさんは、年に数回、自宅をショップとしてオープンする。

そのため、プライベートを確保しつつ開放感のある空間づくりを意識しているという。また古道具を上手く部屋に取り入れ、インダストリアルなインテリア空間を演出している。
3LDKの賃貸物件に住むM.Hさんに、インダストリアルインテリアの部屋づくりを学ぶ!|【インテリアコーディネート術】住まいと店舗を使い分け!バッグ職人の空間づくりとは?

3LDKの賃貸物件に住むM.Hさんに、インダストリアルインテリアの部屋づくりを学ぶ!プロフィール

名前:M.Hさん
職業:バッグ製造販売
居住地:東京都三鷹市 井の頭公園駅より徒歩4分
居住年数:6年1ヵ月物件データ

間取り:3LDK
築年数:47年
この広い3LDKにM.Hさんのこだわりがつまっている|【インテリアコーディネート術】まるで雑貨屋!ヴィンテージを上手く取り入れた部屋づくりのコツ

この広い3LDKにM.Hさんのこだわりがつまっている①.キッチンを広くオシャレに見せる

キッチン横の壁に鏡を立てかけることで、空間をより広く見せることができる。タイル面にはボードを貼り付け、画びょうで物を吊るすなどして機能性をアップ。
色味を抑えて全体に統一感をもたせているキッチン|【インテリアコーディネート術】まるで雑貨屋!ヴィンテージを上手く取り入れた部屋づくりのコツ

色味を抑えて全体に統一感をもたせているキッチン②.生活感のない収納で、すっきりと

生活感を出さないよう、いつも生活に必要なものは全て収納箱であるトランクに収納。すっきりとオシャレなリビングは生活感がなく、まるで雑貨屋のよう。
ブリキのトランクを収納として使用することで、すっきりするだけでなくオシャレな空間に!|【インテリアコーディネート術】まるで雑貨屋!ヴィンテージを上手く取り入れた部屋づくりのコツ

ブリキのトランクを収納として使用することで、すっきりするだけでなくオシャレな空間に!③.天井からフックを吊るして状況に応じて使い分ける

居室をショップとして開放する際は、商品をハンガーに吊るせるように天井吊りのフックを設置。普段は日常的に使うバッグなどを吊るすハンガーとして使用し、ときには洗濯物を干すなんてことも。
意外と便利なフック。鞄や帽子を掛けたりいろいろな使い方ができる|【インテリアコーディネート術】まるで雑貨屋!ヴィンテージを上手く取り入れた部屋づくりのコツ

意外と便利なフック。鞄や帽子を掛けたりいろいろな使い方ができる④.DIY照明で部屋にアクセントを

バケツの底に穴を開けて無機質な雰囲気のランプシェードに。本来の使用方法とは違う使い方をしているところがM.Hさんの部屋づくりのポイントだ。
照明を変えるだけで部屋の印象もがらりと変わる。バケツを使って作ったという照明は部屋のアクセントに|【インテリアコーディネート術】まるで雑貨屋!ヴィンテージを上手く取り入れた部屋づくりのコツ

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。