体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カーネーション 旧メンバー参加の新曲収録ベスト盤リリース決定! その10日後には35周年記念公演

カーネーション 旧メンバー参加の新曲収録ベスト盤リリース決定! その10日後には35周年記念公演

 2018年に結成35周年イヤーを迎えたカーネーションが、新曲2曲収録のオールタイムベストアルバム『The Very Best of CARNATION “LONG TIME TRAVELLER”』を、2018年6月20日にリリースする。

 長いキャリアながらも常に新しい音楽的指標をリスナーに提示し続けているカーネーション。最新オールタイムベストアルバムはCD2枚組。「Edo River」をはじめとする90年代の代表曲から、昨年発売の最新アルバム『Suburban Baroque』の収録曲、さらにSNSでファンから募った「裏名曲」を参考に選曲した全28曲に、新曲「サンセット・モンスターズ」と「Future Song」を加えた全30曲を収録。新曲「Future Song」には、旧メンバーである矢部浩志(dr)、棚谷祐一(key)、鳥羽修(g)がレコーディングで参加している。

 なお、本作リリース直後の6月30日には日比谷野外音楽堂にて35周年記念公演【SUNSET MONSTERS】が開催される。一般チケットは4月7日販売開始。

◎リリース情報
オールタイムベストアルバム『The Very Best of CARNATION “LONG TIME TRAVELLER”』
2018/06/20 RELEASE
<CD2枚組>CRCP-40553/54 / 3,241円(tax out.)
【収録曲】
※2枚組全30曲収録、曲順未定。()内はオリジナル作品
・夜の煙突(『GONG SHOW』)
・未確認の愛情(『天国と地獄』)
・Edo River(『EDO RIVER』)
・It’s a Beautiful Day(『a Beautiful Day』)
・Garden City Life(『GIRL FRIEND ARMY』)
・I WANT YOU(SG『No Goodbye』)
・New Morning(『booby』)
・サンセット・サンセット(『ムサシノep』)
・月の足跡が枯れた麦に沈み(『Parakeet & Ghost』)
・Strange Days(『Parakeet & Ghost』)
・REAL MAN(『LOVE SCULPTURE』)
・センチメンタル(『LOVE SCULPTURE』)
・長い休日(V.A.『Smells Like Teenage Symphony』)
・やるせなく果てしなく(『LIVING/LOVING』)
・スペードのエース(『SUPER ZOO!』)
・ANGEL(『SUPER ZOO!』)
・十字路(『SUPER ZOO!』)
・魚藍坂横断(『SUPER ZOO!』)
・オフィーリア(『WILD FANTASY』)
・PARADISE EXPRESS(『WILD FANTASY』)
・ジェイソン(『Velvet Velvet』)
・さみだれ(『Velvet Velvet』)
・I LOVE YOU(『SWEET ROMANCE』)
・アダムスキー(『Multimodal Sentiment』)
・いつかここで会いましょう(『Multimodal Sentiment』)
・E.B.I(『Multimodal Sentiment』)
・Peanut Butter & Jelly(『Suburban Baroque』)
・Little Jetty(『Suburban Baroque』)
・Future Song ※新曲
・サンセット・モンスターズ ※新曲

◎ライブ情報
【35年目のカーネーション】
2018年6月30日(土)東京・日比谷野外大音楽堂
出演:カーネーション(直枝政広、大田譲)
ゲスト(50音順:敬称略):岡本啓佑(黒猫チェルシー)、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、佐藤優介(カメラ=万年筆)、曽我部恵一、棚谷祐一、鳥羽修、田村玄一(KIRINJI)、堂島孝平、徳永雅之、中森泰弘、張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ)、 ブラウンノーズ、真城めぐみ、 馬田裕次、松江潤、矢部浩志、山本精一、ロベルト小山、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)他
一般発売日:4/7(土)10:00~

関連記事リンク(外部サイト)

カーネーション35周年記念! 日比谷野外大音楽堂でのワンマン決定
カーネーション 新アルバムより「いつかここで会いましょう」(「Edo River」詩情続編)MV公開
松任谷由実『SONGS』で第2の故郷・金沢を案内! なぜ45年も時代の最先端を駆け抜けてこれたのか?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy