体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎世界観「恥ずかしくなります」…左利きにしかわからない感覚を明かす

尾崎世界観「恥ずかしくなります」…左利きにしかわからない感覚を明かす
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観<クリープハイプ>)。4月2日(月)のオンエアでは、尾崎が左利きについて語りました。

リスナーからのメールを紹介した尾崎。キネカ大森で3月30日まで行われていたクリープハイプの関連映画2本立て企画「青春は痛すぎるくらいがちょうど良い〜クリープハイプと映画〜」を観に行ったというこのリスナーは、前半の『百円の恋』に集中するあまり、自分のものではないコーヒーを手に取ってしまったそうです。

「口はつけていないものの、この後その人がコーヒーに手をつけるかどうかも気になって、2本目の『私たちのハァハァ』にはあまり集中することができませんでした。映画は痛くて切なくてすごくよかったのに、申し訳なくて恥ずかしくて、終わるや否や逃げるように帰りました。逆の飲み物を取ったのは、自分の左利きのせいにして忘れたいと思います。尾崎さんも左利きで失敗したり不便を感じたりしていますか?」

メールを読み終えた尾崎は「映画館のアレ(シートの手すりのドリンクホルダー)は難しいですよね。どっちの物なのかね」とリスナーをフォローしていましたが、尾崎自身は左利きで失敗したことはそこまで無いそうです。

尾崎:左利きでよかったなと思いますね。人と違うし。でも早く死ぬって言いますよね、左利きは。寿命が短いみたいです、平均寿命が。なんかストレスがあるんですかね? 失敗したりしたことはないですね。左利きでよかったと思いますけど、「サウスポーなんだ」と言われると恥ずかしくなりますね。なんか嫌だなあって。ムズムズするなあと思って(笑)。

この日の放送では他にも、4月になり番組のオープニングテーマが変わったことに尾崎が反応したり、尾崎が胃腸炎になったときのエピソードも明かされていました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。