体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4月まで余っている賃貸物件は「やばい物件」? 不動産のプロ・長谷川高氏に実情を聞いた

4月まで余っている賃貸物件は「やばい物件」なのか?

賃貸業界、引っ越し業界は2月と3月が忙しい。4月からの新生活に向け、引っ越しが集中するからだ。とりわけ今シーズンは、そのピークに物件の供給が追い付いておらず「引っ越し難民」が続出したようだ。

であるならば、いっそのこと超繁忙期の引っ越しを見送り、4月以降の今、引っ越す方がいいのではないか? とりあえずはマンスリーマンションなどを仮住まいとし、新生活が始まってから腰を据えてじっくり部屋を探すのもアリなんじゃないだろうか?
何もハイシーズンに引っ越すことはないのでは……? 引っ越し代も高いし|4月まで余っている賃貸物件は「やばい物件」? 不動産のプロ・長谷川高氏に実情を聞いた

何もハイシーズンに引っ越すことはないのでは……? 引っ越し代も高いし

しかし、懸念される点も。それは……

2月3月で借り手がつかなかった家って、“余り物”なんじゃないの?

ということ。3月までに「いい賃貸物件」は全て借り尽くされ、余っているのは立地や設備に何らかの負を抱えた、イマイチな物件ばかりなのでは?
「ぜんぜん物件がない!」……みたいなことにならないだろうか?|4月まで余っている賃貸物件は「やばい物件」? 不動産のプロ・長谷川高氏に実情を聞いた

「ぜんぜん物件がない!」……みたいなことにならないだろうか?

リアルな実情を探るべく、不動産投資コンサルタントで『家を借りたくなったら』(WAVE出版)などの著書を持つ長谷川高氏に話を聞いた。
長谷川高氏。「現場にこだわる実践派コンサルタント」として、不動産と不動産投資にまつわる顧問業務などを行う|4月まで余っている賃貸物件は「やばい物件」? 不動産のプロ・長谷川高氏に実情を聞いた

長谷川高氏。「現場にこだわる実践派コンサルタント」として、不動産と不動産投資にまつわる顧問業務などを行う4月以降の賃貸市場は「焼け野原」?

編集部 まず、そもそも「いい賃貸物件」の定義からハッキリさせておきたいのですが、「好立地かつ人気の条件を満たしていて、かつ家賃が適正」という認識で問題ないでしょうか?

長谷川 はい、それでよろしいかと思います

編集部 そんな「いい賃貸物件」は、賃貸需要がピークに達する2月3月で全て成約してしまうんじゃないでしょうか? 現にこの時期の部屋探しって、魅力的な部屋はすぐ埋まってしまいますよね

長谷川 確かに、2月3月は午前中に内見したばかりの家が夕方には決まってしまうなど、“早い者勝ち”なところはありますね。この時期は引っ越しのピークであると同時に、空室自体も最も多くなるため、借り手からすると「選びやすい」のは事実だと思います
住民基本台帳の移動者数を見ても、全国的に3月と4月に「引っ越し」が集中していることが分かる|4月まで余っている賃貸物件は「やばい物件」? 不動産のプロ・長谷川高氏に実情を聞いた

住民基本台帳の移動者数を見ても、全国的に3月と4月に「引っ越し」が集中していることが分かる

編集部 じゃあ、4月以降はやっぱり不利なのですね……

長谷川 いえ、結論から言うと不利ではないと思います。むしろ、4月以降の方が有利に働く点もたくさんありますよ。まず、そもそもご認識いただきたいのは、賃貸物件というのは「常に余っている」ということです

編集部 「いい賃貸物件」も余っているんでしょうか?

長谷川 「いい賃貸物件」も余っています。最近、全国的に空き家や空室が増えているという話を聞いたことはないですか?

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。