体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビールの泡にイラストや文字!?ビールアートができる「beerripples」

テアートのように、ビールの泡に絵を描ける楽しいマシン「Beer Ripples」。特殊な技術は必要なし。マシンにビールをセットするだけで泡にアートを描くことができるという。

・マシンにセットするだけ

ビールをグラスに注いだらマシンにセットするだけ。シンの上部に設置されたデジタル画面から好きなデザインを選択すれば自動的に文字や絵が描かれる仕組み。誰でも簡単にビールアートにチャレンジすることができる。

・ラテアートの技術を応用

「Beer Ripples」を開発したイスラエルのRipples社ラテアートマシンの開発も手がけており、「Beer Ripples」にもその技術が生かされている模様。一般的なイラストや文字だけでなく、お店のロゴ、メッセージ、似顔絵などを描くことも可能なので、店舗での販売促進効果も期待できそうだ。

気温が上がり、ビールの需要が高まるこれからの季節に注目を集めそうなマシン。まだ日本への取り扱いは対応していないようなので、今後の対応に期待が高まる。

beerripples

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。