体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GIRL POWERD Issue: 第90回アカデミー賞授賞式

Three Billboards Day 04_118.dng

アルバート•ハモンドの『カリフォルニアの青い空』という曲があるが、その歌詞ではこんなことが歌われている。​

「決して雨が降らないように思える南カリフォルニア 前からそんな話を耳にしたように思う 
決して雨が降らないカリフォルニア、でもね、奴らは大事な事を言わない 本当はひどい土砂降りになるんだよ」​

2017年10月、カリフォルニアはハリウッドを揺さぶったきっかけは、長きに渡り映画界を牛耳っていた大物プロデューサー ハーヴェイ•ワインスタインのセクシャルハラスメント疑惑がニューヨーク•タイムズによって報じられたことであった。「カリフォルニアの青い空」とでも言うべき、あたかも問題ないかのように平然を装う世界の実態が明らかになると同時に、皆が真実の鐘を鳴らしはじめたのである。この一連の動きは、2018年1月のゴールデングローブ賞、そしてグラミー賞が”単なる授賞式”となるのではなく、性的暴力の被害者が声を上げる「♯Me Too」「Time’s Up」が式典の事実上のテーマとなるほどまでに大きな影響を持った。その後3月に行われるアカデミー賞授賞式そのものに誰しもが注目した。これまでは、オスカーの行方を予想するのも毎年の楽しい行事であったが、こと今回は”単なる授賞式”となるはずがない。この式典で、あの壇上で、いかにして皆のこの気持ちが表現されるのだろう。そんな、少し不安の入り交じった気持ちで世界が見守っていた。

スピーチに見る声
今回のアカデミー賞では例年よりもまして、壇上に上がった者たちから発せられた声がただその場にいる喜びを表すものではなく、伝えなくてはならないメッセージとして受け止められた。

Salma Hayek“We salute the unstoppable spirits who kicked ass and broke through the biased perceptions against their gender, their race, their ethnicity to tell their stories,”​
“As you can see, [we’re] so full of emotion and a little bit shaky.”
”Only trough originality,we can really get to the heart of real human stories.”

サルマ•ハエック「変革の扉を開いた人々の勢いは止まりません。彼らは偏見を打ち破り、性や人種、民族への偏見に立ち向かい物語を語るのです」
「なんだか胸が一杯で、少しばかり震えています」
「独創性によって初めて理解できることこそが、真の人間の物語なのです」

Ashley Judd“The changes we are witnessing are being driven by the powerful sound of new voices, of different voices, of our voices, joining together in a mighty chorus that is finally saying Time’s Up,” ​
“And we were together to make sure that the next 90 years empower these limitless possibilities of equality, diversity, inclusion, intersectionality. That is what this year has promised us.”

アシュレイ•ジャッド「この変化を支えるのは、力強い新たな声です。それは異なる声であり、私たちの声です。大勢の声が集結し、こう大合唱しています、時間切れ(Time’s Up)だと」
「次の90年は力を合わせていまの流れを押し進めましょう。平等、多様性、包摂、受容、それが今年の成果です」

Frances McDormand”If I may be so honored to have all the female nominees in every category stand with me in this room tonight. Meryl (Streep), if you do it, everybody else will, come on,” ​
“Look around, look around. … We all have stories to tell and projects we need financed. I have two words to leave with you tonight, ladies and gentleman: inclusion rider,”

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。