体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MediaTek Helio P60のスペックや特徴

台湾のファブレス半導体企業 MediaTek が MWC 2018 で発表した最新モバイルプロセッサ「Helio P60」のスペックや特徴とご説明します。
Helio P60 は MediaTek の Helio シリーズの中でもミッドレンジクラスのスマートフォンをターゲットに展開されている Helio P シリーズの最新モデルで、MediaTek プロセッサとして初めて AI 処理用のマルチコアチップ「APU(AI 処理ユニット)」と AI タスクを CPU・GPU・APU を活用して高速かつ低電力で実行する AI アーキテクチャー「NeuroPilot AI」が導入されています。
NeuroPilot AI は Android Neural Networks API と始め、TensorFlow、TF Lite、Caffe、Caffe2 といったメジャーな AI ソフトウェアライブラリとの互換性を有しており、特に Android 8.1 Oreo 以上の端末においては優れた AI 性能を発揮するとされています。
メインの CPU は従来と同じオクタコア構成ですが、ハイパフォーマンスコアには ARM Cortex-A73 が 4 基使用されており、高負荷タスクの実行性能が大幅に向上しました。
その性能では既存の Helio P23 / P30 よりも 70% 高いとされています。
また、GPU についても ARM G72 MP3 に変更され、グラフィックスでも 70% の性能アップが図られています。
プロセッサは 12nm FinFET プロセスによって製造されており、これまでの 16nm 製品より電力効率も改善しています。
Helio P60 の通信モデムは LTE カテゴリ 7(DL)およびカテゴリ 13(UL)をサポートしたほか、デュアル VoLTE・デュアルスタンバイや eMBMS、HPUE、TAS 2.0 などの技術にも対応しています。
他にも、最大フル HD+(20:9)のディスプレイや最大 8GB の LPDDR4x RAM(デュアルチャネル)、1,600 万画素 + ,2400 万画素または 3,200 万画素のシングル / デュアルカメラ、GPS/GLONASS/Beidou または GPS/GLONASS/Galileo の GNSS システムをサポートしています。
Helio P20 は 2018 年 Q2 以降に発売されるスマートフォンに搭載される見込みで、その一つには OPPO F7 があります。
Source : MediaTek

■関連記事
GoogleフォトのVR モードで360動画を視聴する方法
4K対応のリコー360カメラ「THETA V」のレビュー
スクリーンレコーダーアプリ「Mobizen」に広告非表示等のプレミアムオプションが追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。