体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】BTS (防弾少年団)『FACE YOURSELF』が22万枚超で首位独走、ゆず『BIG YELL』は6万枚目前で2位

【先ヨミ】BTS (防弾少年団)『FACE YOURSELF』が22万枚超で首位独走、ゆず『BIG YELL』は6万枚目前で2位

 今週のCDアルバム売上レポートから2018年4月2日~4月4日までの集計が明らかとなり、BTS (防弾少年団)の『FACE YOURSELF』が220,806枚を売り上げて現在首位に立っている。

 『FACE YOURSELF』はBTS (防弾少年団)の日本オリジナル・アルバム。これまでのヒット曲である「血、汗、涙」、「Not Today」、「Spring Day」、「DNA」、「MIC Drop」の日本語バージョンや「Crystal Snow」に加え、新録としてザ・チェインスモーカーズとの共作「Best Of Me」と「Go Go」の日本語バージョンや新曲2曲も収録されている。本作は韓国&日本標準時となる4月4日0:00に全世界同時刻配信され、同日昼過ぎには日本を含めトータル50の国と地域でiTunes1位を獲得。セールスも初動3日間で22万枚超となっており、4月18日からは横浜アリーナと大阪城ホールにてファンミーティングの開催なども控えているためさらにセールスを伸ばす可能性が大きい。次週発表の週間結果でも1位は堅いと見られるが、どこまで売上を伸ばすかにも注目したいところだ。

 続く2位は、ゆずのおよそ2年3か月ぶりとなるアルバム『BIG YELL』。先日惜しまれながらも最終回を迎えたフジテレビ系『めちゃ×イケてるッ!』の2017年テーマ・ソング「タッタ」をはじめ、日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマ・ソング「カナリア」、伊藤園『お~いお茶』CMソング「愛こそ」など、収録曲全13曲のうち半数がタイアップ楽曲となっている。現在は58,950枚を売り上げており、週間発表までに6万枚突破はほぼ確実だろう。

 また、1月にリリースされたAKB48『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』は、今週の前半24,914枚を売り上げており発売以来の売上累計は612,553枚となっている。そして現在、14,038枚を売り上げている2PMのメンバー・Jun. Kの4枚目となるソロミニアルバム『NO TIME』が4位、スマートフォン向けアプリゲーム“アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ”よりソロ曲シリーズが5位につけている。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2018年4月2日~4月4日までの集計)
1位『FACE YOURSELF』BTS (防弾少年団) 220,806枚
2位『BIG YELL』ゆず 58,950枚
3位『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』AKB48 24,914枚
4位『NO TIME』Jun. K (From 2PM) 14,038枚
5位『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 08』 9,086枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

BTS(防弾少年団)新ALが50の国&地域のiTunesで1位! LINE MUSICの1~12位まで収録曲で独占
BTS(防弾少年団)のニューアルバム『FACE YOURSELF』発売記念!東京メトロ中づり企画決定
BTS(防弾少年団)日本オリジナルアルバム『FACE YOURSELF』邦楽作品で異例の全世界同時刻配信

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy