体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「みんなバカみたいな嘘をつくから…」松居大悟の新番組、リスナーからの愚痴で盛り上がる

「みんなバカみたいな嘘をつくから…」松居大悟の新番組、リスナーからの愚痴で盛り上がる
J-WAVEの新番組「JUMP OVER」(ナビゲーター:松居大悟)。J-WAVEの開局30周年と、松居が主宰する劇団「ゴジゲン」の旗揚げ10周年とのコラボ企画の番組。2月のプレ放送を経て、4月1日(日)から本放送が始まりました。

■番組オープニングテーマは石崎ひゅーいが担当!

J-WAVEと松居はコラボ企画として、来年2月に下北沢で新作の舞台を上演します。その舞台は、この番組を通し、リスナーと一緒に1年かけて作り上げていきます。どんな物語にするかは白紙。リスナーから届いたエピソードが、舞台に登場するキャラクターのバックボーンになるかもしれません。

番組のオープニングテーマ曲は、松居の親友の石崎ひゅーいさんが作りました。楽曲の方向性については、松居と石崎さん、スタッフが打ち合わせ。その様子はこっそり録音され、番組でオンエア。「ロックがいいかな。それか合唱チックで、最終的に舞台でみんなで歌えるような歌がいいかな?」「シンプルに『まっちゃん(松居)、頑張れ!』みたいに、個人的な応援ソングとか(笑)」など、さまざまな意見が飛び交う録音を聴いた松居は、「これを(皆さんに)聞かせるのは斬新ですね……」と苦笑いしていました。

■4月1日が大嫌い…リスナーから愚痴が続々

投稿コーナー「ちょっと聴いてよ! 愚痴大会!」では、皆さんが日頃感じている些細な愚痴から、舞台に登場するキャラクターのバックボーンのヒントを探ります。ここでは、紹介された投稿の一部を紹介します。

・バイトを辞める際に送別会を開いてもらいましたが、その何日か前に幹事から「今回、お金を払ってあげられるかどうか分からない」と言われました。「自分で払います」と言ったものの、とてもモヤモヤしました。送別会の時に送られる人は、ごちそうしてもらえるという考えはおかしいですか?

松居:おかしくないでしょ。でも難しいですよね、「おごってくれないの?」って言えないし、でもこれはモヤモヤするな。

・4月1日が大嫌いです。有名無名問わず、バカみたいな嘘をつくからです。来年からは4月1日をこの世から消し去り、空白の1日にしませんか?

松居:どうしたのかな? 色々あったのかな? 僕もイベントはあまり好きじゃなくて、何かしないといけない時間が嫌なんですよね。でも受け止めときますよ。

……など、次々に紹介し、松居がコメント。そのほか、番組プロデューサーMの日記を松居が朗読して、20代女子のリアルな日常を探って脚本作りに活かすコーナーなど盛りだくさんでした。投稿は、ため口で送るのが決まりとなっています。皆さんもぜひ番組に参加してみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JUMP OVER」
放送日時:毎週日曜 23時−23時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/jumpover/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。