体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恋のチャンス5割増!? 春コンタクトデビューのススメと注意点

いつも冴えないメガネのアイツ。新学期を境にコンタクトに替えて、なぜだろう。前よりずっと良く見える。なんて、少女漫画のようなことがあるのでしょうか。

生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区)は今年、10〜40代のコンタクトレンズユーザー男女500人に対し、「コンタクトデビュー」に関する調査を実施。新しい世界を手に入れた人も多いようです。

コンタクトデビューした季節は圧倒的に春。なんと全体の55%がこの今の時期にコンタクトデビューを果たしています。また、新生活や新学期のタイミングにデビューした人も41%。その理由は「最初から周囲にコンタクトのイメージがつけられ、その印象のまま過ごせるから(28歳・女性)」、「4月は写真を撮影することが多いから(49歳・男性)」、「春休みの間にコンタクトに前もって慣れることができたから(28歳・女性)」など。なるほど、納得です。

さて、気になるのはデビュー後の変化ですね。コンタクトデビューによって「運動がしやすくなった(85%)」、「勉強・仕事の効率があがった(69%)」などポジティブな意見が多数見られました。

コンタクトデビューする人にとって、一番気になるのは「見た目」ではないでしょうか。ご安心ください。64%もの人が「見た目の自己評価があがった」と回答。どれくらい自己評価がアップしたかを聞くと、平均して5割の上昇だそう。

さらに、「恋愛のチャンスが増えた」と答えた人も46%いました。ここでも具体的なチャンスの割合は平均5割増とのこと。これはすごい!

「目の悩み」6割増。専門医が語るアイケアとは

ここまでの調査結果を見ると、メガネ男子・メガネ女子は今すぐにでもコンタクトデビューしたくなるかもしれません。しかし、コンタクトデビューによる影響は必ずしもポジティブなものばかりではありません。

コンタクトデビュー後に「目の悩み」が増えた人は約6割。具体的な症状として「目が乾く(77%)」、「目が疲れる(58%)」、「目がゴロゴロする(51%)」などがあります。

当然、目が乾いたりすると目薬を点したくなります。目薬の使用頻度が増えた人は93%にも上り、コンタクトデビュー後の目薬使用頻度は7倍以上という結果になりました。

「普及率の高まりに伴い、コンタクトレンズの眼障害も増加しており、使い方には注意が必要」と警鐘を鳴らすのは、眼科専門医の久保木香織先生。久保木先生によると、眼障害はドライアイや長時間装用による酸素不足、感染、アレルギーなど様々な原因があるそうです。特にソフトコンタクトレンズは角膜より大きいサイズ。ハードコンタクトレンズに比べ、酸素不足の状態に陥りやすい傾向があるため、注意が必要です。

コンタクト初心者が注意すべきなのは“自分に合った適切なコンタクトレンズを処方してもらうこと”、“使用方法を守って装用すること”、“適切なコンタクトレンズのケアをすること”。また“自分に合ったメガネを作成して併用すること”が挙げられます。

久保木先生は目薬選びについても言及。「コンタクトレンズを使うときには『涙』の状態が非常に重要」とし、「お勧めしたいのは保湿点眼。使いやすいものとして『人工涙液』の点眼があります。また、防腐剤が入っていないものを選ぶことも大切」と話しています。

コンタクトレンズのメリット・デメリットを理解して、有意義なコンタクト生活にしたいものですね。ar(アール)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。